No.412 あみ

モアハピ部 No.412 あみ

北海道帯広市に在住する、任意のHokkaidoレコメンダー。 お仕事はヨガのインストラクターと塾講師。 ホットヨガを始めてから、6キロ減、運動が習慣化したことで太りにくい体になり、ずいぶんと健康になりました。体の内側に目を向けるようになったことで、オーガニックに目覚め、食事・お化粧品・家事を改革しています。まずは自宅からできることをコツコツと。 ヨガ・手ごねパン・写真・料理・食べること・スノーボード・ダイビング..人生は自分の力で十分豊かにできます。instagram:@ami_kaku twitter:@amiiiiiiiiii5

”旅行noススメ”本当は教えたくない、大人が通う秘密にしたい帯広のカフェ(412あみ)

ドライブしていると、車内に降りそそず日差しが暖かくて、お出かけ欲がフツフツと湧いてきます。


こちらに越してから間も無く丸2年。


転勤族なので積極的に飲食店を巡っています。


そんな中でも、本当は知られたくない。


でも、独り占めするのはもったいない、そんな素敵なカフェをご紹介。
”旅行noススメ”本当は教えたくない、大人が通う秘密にしたい帯広のカフェ(412あみ)_1
道東も雪が8割融けて、春の息吹を感じるようになりました。
旅行の計画をするなら、いつ?





『今でしょ。(古い)』
”旅行noススメ”本当は教えたくない、大人が通う秘密にしたい帯広のカフェ(412あみ)_2
『お気に入りカフェを挙げるなら?』と言われたら、3本指に入る サノワ さん。


帯広駅より車で10分程度走った住宅街に、ひっそりと佇んでいます。
玄関に続く道の雰囲気が素敵。
店内もダークブラウンの木目がシックで、まさに大人の隠れ家といった印象です。
”旅行noススメ”本当は教えたくない、大人が通う秘密にしたい帯広のカフェ(412あみ)_3
こちらのお写真は夏に撮らせていただいたので、この時は紅茶のパフェをいただきました。


紅茶のジュレも、あんず(確か)のジェラートもすべて手作りで、


『仕込みにとても時間がかかるのよ』と、素敵な女性店主。


時たま京都弁のイントネーションがキュートで、上品。


以前、おでんを出したら路上駐車の方が出てしまい、
『近隣の方に迷惑をかけてしまうので辞めたのよ』と。


お客様の気持ちわかる(笑)
私も食べたかったなぁ。
幼稚園の時に給食に出たコーヒーゼリーで自家中毒を起こした私は、
つい最近までコーヒーが大嫌いでした。


でも、『コーヒー牛乳は好き』と友人に話したら、
『それ、好き嫌いだよ』と言われ、
好き嫌いはよくないという信念がある私は、コーヒーを少しずつ飲んで今では週3で飲む位の中毒者になりました。
”旅行noススメ”本当は教えたくない、大人が通う秘密にしたい帯広のカフェ(412あみ)_4
私はこちらの『ニレ』が好き。


こちらで撰定したスイーツも、ホットサンドも、音楽も、インテリアも大好き。
”旅行noススメ”本当は教えたくない、大人が通う秘密にしたい帯広のカフェ(412あみ)_5
味や雰囲気が100パーセント伝えられないのがネットの悲しいところ。


店主さんは実はカメラマンでもいらして、最近まで東京でお仕事されていたとか。
私が行く時はマンツーマンのことが多く、いろんな話をしてくれ、私の話も聞いてくれます。


そんな時間がとてつもなく贅沢だなぁと感じるのです。


ずっとずっとあってほしい、すてきなお店たち。


今回は、そんな『大人の隠れ家』をレコメンドしました。