No.486 まいこ

モアハピ部 No.486 まいこ

モアハピ部8期 横浜在住 営業職♡ ミルクティーをこよなく愛す29歳 アフタヌーンティーに行くのが趣味です♡ instagram:@momomaichi twitter:@maimaimaity

世界一「姫!」な花嫁さん♡ももえちゃん結婚式レポ♡

ももえちゃん、結婚おめでとう〜!♡

モアハピ部「ももまい」コンビの相方である、ももえちゃんの挙式・披露宴に参列させていただきました!

もうね本当にね、世界一かわいかったよ〜〜〜〜〜〜!(大声)

皆さんにもその幸せをお裾分け致します♪

ももえちゃんのがこだわりが詰まった姫な空間♡

ももえちゃんっぽいウェルカムボード♡
お花の感じといい、可愛すぎる!
ロビーの装飾も、お姫様感♡
天井を見上げると風船がいっぱい!!!
この風船の紐の先に、写真がくくりつけられていて、宙に浮いているんです。
こんな装飾、はじめて見た!
ひとつひとつ写真を見ていくと、一緒に撮ったMORE大女子会のときの写真が!!!
もうここでまず泣く。
モアハピ部OGのせりなさんと合流して、
いざ!挙式会場へ向かいます♡

そしてついに…

本日の主役、登場ーーー♡
「やばい、かわいい、やばい、ももえちゃん、おめでとう」って泣きながら連写。ただの怪しい人。

カメラ越しなんかじゃもったいない!と肉眼で見たり、でもやっぱり写真撮りたい!って写真撮ったり、スマホでも撮りたい!ってiPhone出したり、てんやわんや。
ふわふわ真っ白なウエディングドレス!
可愛い、綺麗以外の言葉が出てこないよ〜。

本当におめでとう!

可愛すぎる結婚証明書が完成♡

ロビーに置いてあったこちら。
ゲスト参加型の結婚証明書だそう!
ゲストが自分の名前を書いたシールを好きなところにペタッと貼ります。
最後に2人の署名を書いて…完成♡

空に向かって風船を飛ばすセレモニー♡

青山迎賓館のチャペルは、天井が大きく開くようになっています。
空へ向かって、ゲスト1人1人が手に持った風船を一斉に飛ばすセレモニーがありました!
空高く上がっていく風船…。
まわりからは歓声と拍手が上がっていました!
みんな笑顔の本当に素敵な挙式でした。

つづいて披露宴へ♡

こちらの会場も、ももえちゃんらしさ全開で何もかもが可愛すぎっ!
テーブルナフキンがピンクのリボン形に!

「新婦様のこだわりです♡」と、スタッフさんに教えていただきました。
このお花も、みんな同じじゃなくて何種類もあって可愛いっ!
すべて可愛すぎてもはや住みたい。
ここに住みたい。(何回言うねん)

一番可愛いのはももえちゃんですけどね!(ドヤ顔で

王子様のエスコートで♡♡

もう、お姫様すぎてため息しか出なかった…

お食事も絶品♡

ほんっとに美味しかったお食事!
彩りも綺麗で、大満足!

大盛り上がりのケーキカット&ファーストバイトも。

笑顔が可愛すぎるファーストバイト!

こんな可愛いファーストバイトある!?ない!!!

この写真、本当に大好き(;ω;)

そしてお待ちかね、お色直し〜!

もちろん、ピンクのドレスで登場♡♡♡

ふわふわきらきらのお姫様〜なピンクドレス!
最高に似合ってる!

うん、ももえちゃんは絶対ピンクだってわかってた。

「カラードレス、何色かな?」

じゃなくて

「ドレス、どんなピンクかな?」

って思ってた。(笑)

そしてそして女子大喜びのこんなサプライズが…!

超超超豪華なスイーツビュッフェ!!

せりなさんと2人、キャーキャー♡言いながらいただきました!

ついさっきまで「おなかいっぱいだね〜♡」って言ってたのに。ケーキとるとる。
本日の主役お二人&モアハピOGせりなさんと4人でぱちり♪
いかがでしたでしょうか?
ももえちゃんの幸せ&可愛い結婚式の様子、少しでもお伝えできていたら幸いです。

笑いあり、涙あり…
ここに書ききれないほど、他にもお友達の楽しい余興や、ご両親へのメッセージなど盛りだくさんでした。

ご主人様と、ももえちゃんが、いかに人気者で、まわりから愛されているのかが、よくわかりましたよ( ・ ・̥ )

モアハピ部を通して仲良くなったももえちゃん。
あのとき、勇気を出して声をかけて本当に良かったー!

はじめて2人でご飯を食べにいったら、共通点が多すぎて、好みが似すぎていて、あっという間に仲良しになれて、すごく嬉しかった〜♡

「ももまい」とか言って、(勝手に)連載記事を一緒に書いてみたり、いろんなところにお出かけしたり…。

そんな、大好きなももえちゃんの、人生一度のキラキラした1日に参加させてもらえたこと、本当に嬉しく思います。

お二人のこれからが末永く幸せでありますように!
そう心から願っています。

ももえちゃん、本当におめでとう!

Movie

MORE8月号、お見逃しなく!