だーりおと"ボッチャ"体験!MORE×パラスポスペシャルイベント

突然ですが、パラスポーツを知っていますか?

だーりおと"ボッチャ"体験!MORE×パラスポスペシャルイベント_1
広く障がい者スポーツのことを言います。
パラリンピックで有名ですよね!

パラスポーツのパラはパラレルからきていて、平行などもうひとつのというような意味だそうです。

パラスポーツのみの競技もあり、ゴールボールやブラインドサッカーなど、音を頼りに行われるスポーツも。
試合中は静かに観戦され、ハーフタイムに思いっきり応援するなど、独特な雰囲気があるスポーツもあるそう。

競技によっては障がい別にクラスが分けられ、試合が行われるそうです。
だーりおと"ボッチャ"体験!MORE×パラスポスペシャルイベント_2
そんなパラスポですが、MORE誌面でも特集が組まれており、今回はスペシャルイベントに招待していただいて、体験もしてきました!

ゲストは谷真海さん&だーりお

イベントはパラスポのトライアスロン選手として活躍している谷真海さんと、MOREモデルの内田理央さんのトークショーからスタート。

谷さんは、大学生の頃に骨肉腫発症で右足を切断し、義足でトライアスロンをしています。

もともとは走り幅跳びの選手でしたが、出産、子育てといったライフステージの変化によって、長く続けられるトライアスロン競技選手に転向、2020年のパラリンピック出場に向けて活躍されています。
トライアスロンって、意外と長く続けられ、70代の選手もいるらしいですよ!

義足はランニング、自転車用と異なり(水泳は義足なし)、義足を変える時間もタイムに含まれます。
ランニングはバネがついているもの、自転車用は日常生活でも使う義足を使っていたりしますが、タイムを縮められるように同じにするとどうなるのか?など、日本には参考にできる選手がいないため、自ら試行錯誤をしているところだそうです。

練習はお子さんが起きる前から、朝に行なっているということで、旦那さんが朝に保育園に送ったりしているそうです。
※だーりおが「ゴミを捨てにいってくれたり協力的な旦那さんに憧れる」と発言し、それだけでいいの?と総ツッコミが。

こんなに努力家の谷さんも練習はあまり好きではないらしいですが、試合のときの達成感や、まだまだ伸びしろがあるところにやりがいを感じているそうです。

わたしたちモア世代のこれからのライフプランを考えるにあたって、憧れの念を
抱かずにはいられない谷さんのトークショー、聞き応えがありました!

ボッチャを体験!

だーりおと"ボッチャ"体験!MORE×パラスポスペシャルイベント_3
ボッチャのことはこのイベントで初めて知りましたが、重度の障がいがあってもできるスポーツだそうです。
チーム戦で、意外と頭脳を使ったりします。

ざっくり言うとボーリングとカーリングを足して2で割ったみたいなイメージ。

自分の手玉のボールを投げて、的である白いボールに近づけます。
あとは自分のチームのボールが近づくように相手チームのボールを弾いたり、白ボールに当てて自分のチームのボールに近づけたり。

白ボールに近い方のチームのボールが、相手チームの最も近いボールより何個近づいているかでそのボールの個数分の点が入ります。
だーりおと"ボッチャ"体験!MORE×パラスポスペシャルイベント_4
これがなかなか難しい!でもうまく狙い通りにいったら爽快!!
だーりおと"ボッチャ"体験!MORE×パラスポスペシャルイベント_5
だーりおはMOREチームとして参戦!

ランダムで組まれたチームで試合に挑み、なんとわたしの入っているチームが優勝しました(°_°)

おみやげも、、

だーりおと"ボッチャ"体験!MORE×パラスポスペシャルイベント_6
会場がSNIDELやgelato piqueでおなじみのマッシュグループの社員食堂スペースでの開催だったのですが、ボッチャの優勝賞品として、gelato piqueのパジャマをいただきました!

そして、同じマッシュグループのHUGO&VICTORの焼き菓子と、パラスポ選手のトレカがついている、パラスポーツチップス。
ありがたくいただきます。。
だーりおと"ボッチャ"体験!MORE×パラスポスペシャルイベント_7
たのしい時間をありがとうございました!
2020年のオリンピック、パラリンピックもたのしみです。

それまでにもパラスポーツは大会や体験型イベントを開催していて、特別席で観覧もできるサポーターを募集しているのでぜひ登録してみてください。