No.574 ru

モアハピ部 No.574 ru

禅語"日日是好日"を心掛け、毎日を送ってます。毎日が特別で大事な1日。多趣味です。 ・華道(小原流)、ファイナンシャルプランナー技能士2級、国内外旅行✈️、スノーボード、お酒、音楽(The BONEZ、Pay money to my pain、RIZE、hide....)

【オカネ】確定拠出年金、、、?

本日は、【オカネ】について少し投稿させて頂きます。少しでも参考にして頂ければと思います★
オカネの中でも、【確定拠出年金:iDeCo】についてです。
このブログで投稿するオカネの記事については特に、飽くまで一個人の意見として書きますのでどうぞ宜しくお願い致します。
文章でお伝えするのが凄く難しいですけど、、、なんとなーくフワフワっとイメージして少しでも考えるきっかけになれたら幸いです!

【老後だって楽しくしたい】

どれくらい、老後について考えているでしょうか?『なんとかなってるんじゃないの』
『年金貰えるか不安だな』
『今が精一杯、仕事も忙しくて考えれない』
.......etc

個々人で考える事は違うと思います。
今まで考えたことなかったなという方は
少しだけこの記事を読みながら
考えてみてください。
今、年金を受け取ってる人も、実は貰える額が減ってきている現実。
少子高齢化なんかの要因もあって
国はお金がありません。
何十年後にくる私達の老後、
年金を支払っていけるチカラがなくなってます。
それが十分に予想できる今から、
老後にだって楽しめる準備をしておく方法の1つが、【確定拠出年金:iDeCo】なんですね。
そうは言ってもお金に余裕がない。
老後の事まで考えていられない。
そんな方も多くいらっしゃいますが、
準備をしている期間だって、『無駄に税金を払わない』メリットを受けることができます。
iDeCoは何も、老後だけの制度ではないんです。
まず簡単に仕組みを説明すると
・60歳まで積み立てる(原則60歳まで引き出せない)
・公務員は月12000円、サラリーマンは23000円の上限まで積み立可能。(下限5000円)
・積立る商品を自分で組み合わせる。元本保証や様々な投資信託の商品を組み合わせれる。

メリット 1

☆所得税がこんなに軽減!☆

iDeCoは年間積立た全額を、所得控除に利用できます。毎年会社でする年末調整で申告します。
どれくらい軽減できるのか?

例えばサラリーマンの例。
結論からいうと、
毎月の積立金額 23000円
所得税率 20% (課税所得330万〜695万)
の方は23000×12×20%=55200円 の税金が年末調整によって返ってきます!

確定拠出は、年間積立金額全てを所得控除に使えるんです☆

将来の年金準備をしながら、今払っている税金も取り戻すことができるんですね♪♪

メリット2

☆どんなに増えても非課税☆

確定拠出では積立金額を自分の好きなもので運用できます。元本保証のものもあれば、株で運用する投資信託や債券で運用する投資信託など。
通常、定期預金も金利は僅かなのに20%の税金がとられてしまいます。

例)100万円を1年間、0.05%の金利で貯金した場合

100万円×0.05%=500円
500円×20%=100円
となり、利息として手元に残るのは400円です。
通常株や投資信託も20%税金とられてしまいます、、、、
が!!!!【確定拠出年金:iDeCo】で積立て増えたお金は税金がとられないのです!

メリット3

60歳。受け取る時も税金メリット

60歳まで積立てたら、一括で受け取るか年金として受け取るか選択することができます。
この、受け取る時も税金メリット。
一括なら退職所得控除に。
年金なら年金等控除に使えるんですね☆
今、これから、日本に起こっていくこと。
団塊世代が続々と後期高齢者になり
日本は益々苦しくなる。というのは
容易に想像できること。
少子高齢化により、それを支える若い人が少ないこと。
私たちが年金受給者になった時
十分に年金がもらえないのではないか?
というのも、容易に想像できること。
今まで考えたこなかった。という方は
人ごとなんかじゃなく、危機感を持って
考えて見て下さい。

老後もハッピーに楽しく過ごしたい!
その準備をしながら税金を取り戻せる!!!

そんな制度がiDeCoかなぁと。
近くの金融機関やネット系銀行でも
宣伝しています。

少しでも気になった方は
話だけでも聞きに行って見て下さい!!

Movie

MORE12月号、発売中!