DAILY MORE

DAILY MORE

  • トップ
  • モアハピ部
  • 【歌舞伎のススメ】祝・高麗屋三代襲名!歌舞伎座開場130周年の幕開けを飾る『壽春大歌舞伎』、そして、草間彌生さんの祝幕に見守られた『二月大歌舞伎』!

モアハピ部 No.570 しんしん

*東京都出身*会社員*身長153cm*歌舞伎とミュージカルをこよなく愛するパンダ系OL*好きなもの→歌舞伎、海外ミュージカル、旅行、建築めぐり、街歩き、乃木坂46ひめたん推し*資格→2級建築士*きれいめオフィスファッション&メイクを研究中*池袋演劇祭2017審査員* ❤︎instagram❤︎@sinsin_panda

【歌舞伎のススメ】祝・高麗屋三代襲名!歌舞伎座開場130周年の幕開けを飾る『壽春大歌舞伎』、そして、草間彌生さんの祝幕に見守られた『二月大歌舞伎』!

こんにちは!しんしんです!

すっかり3月も7日に!
あっという間すぎて信じられません笑
引き続き健康管理には気をつけてがんばりましょー!

さて、今日のブログは久しぶりの

歌舞伎のススメ!

このタイミングで歌舞伎のススメを更新したかったのは、なんといっても、記念すべき高麗屋三代襲名披露興行が2ヶ月間の興行を無事終えたから!(ほんとはもう少し早く更新したかった…!泣)

普段歌舞伎になじみのない方も、この年末年始はテレビのニュースやバラエティで三代襲名に関する特集を目にしたのではないでしょうか?

テレビでも一躍話題となった三代襲名!
「そもそも襲名って何?」という疑問から、今回の襲名の見どころまで、一挙にご紹介します!!

①「襲名」とは?

襲名とは、親や師匠の名を継ぐこと。
歌舞伎に限らず、落語や日本舞踊など、伝統芸能の世界ではよく耳にしますよね。

歌舞伎役者にとって襲名は、人生の節目となる一大行事!

名前を継ぐことによって、役者としてより大きな役に挑戦できるようになると同時に、名前にふさわしい役者になることを求められる、華やかであると同時に緊張感やプレッシャーも伴うものです。

そして襲名は、役者自身だけではなく、周りに認められて初めて叶うもの。
周囲の役者や関係者、そしてお客様の支援が役者を支え、晴れて襲名となるとみんなで新しい門出をお祝いします!
数十年に一度の大きなお祭りみたいなものなんです。

②今回の襲名は特別?

そんなお祭りムード満点な襲名ですが、今回の襲名は普通の襲名よりも一段と華やかで一段と大規模な特別なものだったんです!

というのも、

高麗屋三代同時襲名だったから!

三代同時襲名というのは、祖父、息子、孫の三代が同時に新しい名前を襲名する、というものです。

これは三代が全員現役の役者でなければ叶わないため、歌舞伎のながーい歴史上でもとても珍しいことなんです!
前回の三代襲名は、1981年の高麗屋三代襲名。
直系の親・子・孫の三代同時襲名はこれが史上初でした。
今回は37年ぶり、2回目の三代同時襲名!

400年間の歌舞伎の歴史の中でたった2回しかない出来事、これって本当にすごいことです。

③そもそも高麗屋さんとは?

歌舞伎役者さんにはそれぞれ屋号があります。

「◯◯屋!」と客席から声が飛ぶ、あれです。

高麗屋さんは伝統ある歌舞伎の家柄のひとつ。

まずお父さんの二代目松本白鸚さん

37年前の三代襲名で九代目松本幸四郎を襲名し、歌舞伎役者ながら、ミュージカルやストレートプレイの世界への道を切り開いた先駆者として知られています。

2人目は十代目松本幸四郎さん

ラスベガスでの歌舞伎公演やチームラボとのコラボでも話題になりました!劇団☆新感線のいのうえひでのりさんともたくさん作品をつくっていらっしゃって、歌舞伎の裾野を広げていっています。昨年の8月興行では、市川猿之助さんと一緒に「やじきた」で歌舞伎座を盛り上げました!お父さん同様、新しいジャンルにチャレンジしていかれる姿がとても輝いています。

そして、八代目市川染五郎くん!

若干13歳ながら、お父様やおじいさま譲りで容姿端麗。二代目松本金太郎として出演されていた8月のやじきたでは、声変わりの最中でまだ少年の面影が強かった印象ですが、11月の襲名前最後の公演では、細川内記の気品あふれる若殿が見せる憂いを見事に演じ、次期染五郎としての頼もしさを感じさせられました。
これからの成長が本当に楽しみな役者さんです。

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

No.570 しんしんの新着記事

モアハピ部の新着記事

  • ファッション
  • ビューティ
  • グルメ
  • ウエディング
  • イベント

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック