DAILY MORE

DAILY MORE

注目ドラマ『ブラックペアン』出演中。多忙な葵わかなさんの癒しの素とは!?

ブラウス¥36000・パンツ¥57000/ブランドニュース(シー ニューヨーク)

主演の二宮和也さんがなごやかなムードを高めてくれています

NHK連続テレビ小説『わろてんか』で、日本全国に弾けるような笑顔を届けてくれた葵さん。ドラマ『ブラックペアン』では着物から白衣へと着替え、新米看護師の花房美和を演じている。

「医療ドラマなのでシリアスなシーンが多いけれど、現場の雰囲気は正反対。手術シーンの撮影が終わると、先生役の方々が血のりだらけのガウンのまま、控え室で〝今日は何食べる~?〟って話しています(笑)。そんななごやかなムードを高めてくれているのが、主演の二宮(和也)さん。翌日の撮影スケジュールに二宮さんの名前がなかった時、私が〝明日はいらっしゃらないんですか?〟と尋ねたら、ふざけて〝いや、明日はオレ、セットの飾りつけだから〟って答えてくれたり、すごく気さくでおもしろい方だなって思います」

『ブラックペアン』への出演が決まったのは、朝ドラの撮影中。大阪に滞在しながらも役づくりのために何かできないかと考え、美和がめざすオペナースについて調べることに。

「ネットでオペナースの方が読む専門誌を見つけて、即購入(笑)。女性の読者が多いからか、難解な医療の知識が可愛い文字やイラストで解説されていて興味深かったです。とはいえ、美和はまだ見習いなので、現場ではひたすら先生方にガウンを着せて、ガーゼを渡すだけ。おかげでガウンの着せ方はうまくなったけど(笑)、いつかオペナースとしてデビューできた時のために、先輩ナース役を演じる趣里さんの動きをしっかり見て学んでいるところです」

深夜帰宅で必ず出迎えてくれる愛おしい存在とは!?

ドラマ撮影で多忙な日々を送る葵さんの癒しは、愛猫の存在。

「猫は夜行性だから、私が仕事を終えて夜遅く帰宅しても、必ず出迎えてくれるんです。家族はみんな、とっくに寝ているのに(笑)。本当は気分転換に本を読んだりもしたいけど、物語の世界に没頭しすぎるあまり、お芝居がおろそかになってしまいそうで……。でも、文字や言葉は大好きなので、ドラマの撮影期間中は、これまでお仕事をご一緒した方や友達からもらったお手紙を読み返してます。お手紙に関しては、最近書くことも好きだと気づいて、『わろてんか』のクランクアップ時にはお世話になった共演者の方々やスタッフのみなさんにお渡ししました。『ブラックペアン』が終わる時にも……書けるかな? 私は現場のあき時間によくふざけているから、マジメモードになるのが恥ずかしくて(笑)。だけど、尊敬できるステキな方ばかりなので、ちゃんと感謝の気持ちを伝えられたらいいなと思います」


取材・文/吉川由希子 撮影/北浦敦子 ヘア&メイク/牧田健史 スタイリスト/岡本純子 


あおい・わかな●1998年6 月30日生まれ、神奈川県出身。2017年度下半期に放送されたNHK連続テレビ小説『わろてんか』でヒロインを務める。今年、映画『ミッドナイト・バス』と『ラーメン食いてぇ!』が公開され、待機作に映画『青夏 Ao-Natsu』( 8 月1 日公開)がある

明日4/29の第2話も必見! 日曜劇場『ブラックペアン』

渡海征司郎(二宮和也)は、手術成功率100%を誇る孤高の天才外科医。研修医の世良(竹内涼真)や看護師
の花房(葵わかな)とともに、嫉妬が渦巻く大学病院に真っ向から立ち向かい、不正や隠された過去を暴い
ていく。●TBS系・日曜21:00~

MORE6月号

FOLLOW US

  • Twitter
  • facebook

エンタメ&カルチャーナビの新着記事

ご当地モア♥日本全国のフォトジェニックスポット

RECOMMEND! こちらの記事もチェック