気がつけば、映画のはなし。今月は『Mommy/マミー』

気がつけば、映画のはなし。今月は『Mommy/マミー』_1
ひるかわ・ゆう●1986年、神奈川県生まれ。モデルとして『MORE』など各誌で活躍。昨年は映画デビューも果たした
すずき・あん●1987年、東京都生まれ。映画、ドラマなどで幅広く活躍。5 月からNHK大河ドラマ『花燃ゆ』に出演

『Mommy/マミー』

気がつけば、映画のはなし。今月は『Mommy/マミー』_2
Shayne Laverdière / © 2014 une filiale de Metafilms inc.
映画界の若き天才、グザヴィエ・ドランの監督最新作。清掃作業員として働くダイアン(アンヌ・ドルヴァル)は、矯正施設から退所してきた発達障がいのある15歳の息子スティーヴ(アントワン=オリヴィエ・ピロン)と暮らし始めるが……。カンヌ国際映画祭2014では審査員特別賞を受賞。●公開中

スゴイ熱量の映画。ドラン監督は天才!!(杏)

登場人物に寄り添って幸せを願いたくなる(游)

杏)私はもう、グザヴィエ・ドランという監督が大好きで大好きで。今回の作品、彼の最新作『Mommy/マミー』も“絶対観たい!”と半分ゴリ押しで(笑)選ばせてもらいました。

游)私は彼の作品は初めて。シングルマザーのダイアンとADHD(注意欠如・多動性障害)の息子スティーヴ、ふとしたきっかけで母子と仲よくなる向かいに住むカイラ。3人の日常が淡々と、でもヒリヒリするくらいリアルに描かれる物語は、もう“凝縮したエネルギーのかたまり”って感じ! 先に観た杏が「自分もドランのような天才になりたい」って言った気持ち、すっごくわかる気がしたな。

杏)よかった! 私はね、登場人物の3人は社会の中でマイノリティ的な生き方しかできないけれど、でも、そんな自分にどれだけ誇りを持って生きられるかってことを問いかけられた気がしたの。だからこそ、お互いの写真を撮ったりくだらないことでゲラゲラ笑いあったり、ふとした幸せなシーンで涙が出たのかな。ああ、こういう瞬間に人って救われるんだよなーって。

游)この映画、画面のサイズがインスタグラムと同じ正方形なんだよね。そんな作品初めてだったし、映像を観ているだけでも作品にのみ込まれていく感覚。26歳のドランだからこその表現だし、センスだと思う。

杏)同世代っていうか、私たちより年下だもんね。スゴイよね。

游)自分と同じ世代で、こんなふうに世界を見て、こんなふうに世界に立った人がいる。それって夢があるよね、すごく。

杏)私、ケータイの待ち受けドランにしちゃったもん(笑)。

游)(笑)。私はね、彼のほかの作品も“観なきゃ!”って思った。

杏)ね。「グザヴィエ・ドランDVD BOX」出ないかな?
---------------------
MORE2015年6月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!
取材・文/新谷里映
撮影/森脇裕介
イラスト/STOMACHACHE.
---------------------

Ranking

もっと見る