みんなの疑問を解決!お招ばれ“すきまマナー”12選【2】

みんなが困ったことのある「プチ寿マナー」をまるっと解決!

おめでたい席だからこそ、マナーが大事なウエディングパーティー。マナー違反すると、恥をかくだけでなく人間関係にヒビが入ることも……。そんな事態を避けるため、迷いがちな“お招ばれマナー”の正解を、マナー講師・福島由美さんに教えていただきました!
みんなの疑問を解決!お招ばれ“すきまマナー”12選【2】_1
【Profile】イメージコンサルタント、マナー講師。9 月より青山学院大学にてビジネスマナー演習非常勤講師に。『これが正解!正解のない大人のマナー集』など著書多数。


第2回目は『ご祝儀の準備』のときに迷うマナーについて。
みんなが「意外とわからない!」と悩んでいた4つの疑問を解決します♪

Q.ご祝儀用の新札がない!  アイロンをかけるといいと聞くけど……?

みんなの疑問を解決!お招ばれ“すきまマナー”12選【2】_2
「アイロンをかけても、新札に見えるほどはキレイになりません。会場で替えてもらえる場合もあるので確認を。それでも難しい場合はしかたないですが、オススメはしません」

Q.家族だけで式を挙げた友人にも、 ご祝儀は必要?

欠席する場合と違って、こちらは必ず出さなければいけないものではないそう。
「ご祝儀を渡したければ、欠席の時と同様に1万円が目安。ご祝儀ではなく、5000円〜1万円のプレゼントを渡すのも一般的です」

Q.結婚祝いは、友人や同僚一同からでもいいの?

「もちろん! ひとり5000円程度がちょうどいいと思います。大人数で購入する場合は、ひとりあたりの金額を3000円程度まで下げても大丈夫です」

Q.海外挙式の時は、 ご祝儀いらないよね?

「旅費がゲスト負担であれば、新郎新婦からお断りするのが常識ですし、パーティー形式で必要ないことが多いですが、念のため準備しておいてくださいね」

まだまだあります! 迷いがちな“お招ばれマナー”

いかがでしたか? あなたも、意外と「知らなかった……」なんてマナーがあったはず。

『MORE 2015年6月号』の“お招ばれマナー”正解バイブル特集では、さらに詳しいお招ばれマナーを紹介中です。せひこちらもチェックしてくださいね。

明日はいよいよ第3回目。『お招ばれ服』にまつわる、迷いがちなマナーの疑問についてお答えします。お楽しみに!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る