オフィスで使える「女子コミュ」技(4) VS.女性上司

5割以上が困っている! 女性上司との関係こそ、職場で一番難しいんです。

仕事の悩みで一番多いのは、人間関係だと言われていますよね。中でも働く女子が一番困っているのは「女性上司とのコミュニケーション」だって、知っていましたか?会社で上司に嫌われたら、仕事に支障があるだけでなく、昇給や昇進にも響きかねません。

第4回目のコラムは『オフィスで使える「女子コミュ」技 ~VS.女性上司~』編

人材活性プロデューサーの大谷由里子さんが教えてくれた、職場の先輩女子と上手く付き合う方法、教えます!

「素直さ」と「アイ」が攻略のカギ♡ デキる子と思われる「女子コミュ力」UP術

オフィスで使える「女子コミュ」技(4) VS.女性上司_1
仕事のスキルだけでなく、年齢も自分より上な女性上司。ジェネレーションギャップのある女性と、上手くやっていくにはどうしたらいいのでしょう。


『相手は、人生もキャリアも自分よりはるかに経験を積んだ存在。だからこそ、素直さを持って接するのが重要です。あとは上司との距離を近づける工夫を。そうすれば、アドバイスも仕事のチャンスも、ぐんと増えるはず!』

【実践アイデア 1】 “7割”タイミングで相談する

まずは「仕事上の答えは常に上司にあり」と心得て。それを踏まえ、“ 7割”のベストタイミングで質問や相談を。たとえば資料の作成で疑問があれば“ 7割”完成したものを、期日の“七分目”で「ここが不安なので、ご相談させてください」と言えば的確な指示が受けられ、手直しも可能。時間ギリギリに資料を提出するより好感度もアップします。

【実践アイデア2】 「YOU」ではなく「I」を意識して発言する

「先輩ってセンスいいですよね」と相手を主語にすると、「あなたに言われても」と反感を買う可能性大。「先輩、いつも素敵なファッションなので“私も”見習いたいです!」と自分を主語にすると、相手は文句の言いようがないので不要なリスクを回避できます。


同性だからこそ、立てるのが難しい女性上司。だからこそ、“’7割”と“I”を使った絶妙バランスで、出すぎないけど”ちゃんとしたコ”をアピールするのが効果的なんですね


4回にわたってお届けした「女子コミュ力」UP技。いかがでしたか? MORE2015年5月号には、読者が選んだ「NO.1コミュ力美人」水ト麻美アナインタビュー・犬山紙子さん&瀧波ユカリさんの「マウンティング女子会攻略法」・リアルエピソード満載! 女子コミュ美人のプチアイデア集など、たくさんの「女子コミュ力」ネタを掲載しています。

女性同士の人間関係に悩めるあなたは、ぜひともご一読あれ!

Ranking

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る