美しい四季とあたたかな家族の物語。映画『海街diary』

美しい四季とあたたかな家族の物語。映画『海街diary』_1
カンヌ国際映画祭のコンペティション部門で上映されたことでも話題の映画『海街diary』。吉田秋生氏の同名ベストセラーコミックに是枝裕和監督が惚れ込み、「どうしても自分の手で撮りたい」と熱望し、実現した映画化です。

主人公は鎌倉で暮らす四姉妹──長女の幸(綾瀬はるか)、次女の佳乃(長澤まさみ)、三女の千佳(夏帆)、四女のすず(広瀨すず)。風情ある一軒家で美人姉妹が揃って暮らすお話ですが、美しい街並に昼と夜が訪れるように、それぞれの人生にも光と影はあり、家族だからこそ許せないこと、姉妹だからこそ甘えてしまうこと、傷つけてしまうことなど、影の部分をとても丁寧に描いているんです。「そうそう、そういう感情わかるなぁ」と思わず共感してしまう、それがこの映画の面白さです。

物語は鎌倉に暮らす幸、佳乃、千佳のもとに15年前に出ていった父の訃報が届くところから始まります。父の葬式で初めて異母妹・すずと出会い、それを機に4人は一緒に暮らすことに。すずがやって来たことよって姉妹はそれぞれが抱えているものと向き合い、自分の幸せを見つけていきます。そして、なぜ長女の幸はすずに一緒に暮らそうと声をかけたのか、なぜすずは姉たちと暮らそうと思ったのか、その理由も徐々に明らかに。

春夏秋冬、季節の移り変わりとともに深まっていく絆、家族の在り方がとても胸に響いてきます。特に、相手を思いやるからのみ込んでしまう言葉、愛しているのにぶつけてしまう言葉、四姉妹が放つ言葉に自分自身の経験を重ねる人も多いでしょう。彼女たちを通して「家族ってそういうものだよね」と自分にとっての家族が愛おしくなる、そんなあたたかな気持ちを運んでくれる映画です。

(文/新谷里映)

●6/13〜全国ロードショー

ⓒ2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

Ranking

もっと見る