「来冬ぐちゃぐちゃ」を卒業! タイツを“傷めずに収納する方法”の正解♡ 【冬服おかたづけテクニック】

そろそろ衣替えの時期! 春アイテムを出して冬アイテムをしまうとき、てきとうに仕舞ってない? そんなことをしてしまうと、次の冬に着れなくなってしまうかも!? 今こそ、冬アイテムのお手入れ方法をマスターして、家事もデキる女子になりましょう♡

【今回教えてくれたのは……家事研究家・髙橋ゆきさん】
家事代行サービス『ベアーズ』の取締役副社長。TBS系の大ヒットドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の家事監修も担当し、著書も多数。身近なアイテムを使った、簡単かつ効果的なお手入れアイデアに定評あり

「来冬ぐちゃぐちゃ」を卒業! タイツを“傷めずに収納する”やり方をマスターしよう♡

「来冬ぐちゃぐちゃ」を卒業! タイツを“傷めずに収納する方法”の正解♡ 【冬服おかたづけテクニック】_1
長くてかさばるタイツ、ちゃんとしまえてる? 写真のようにだんご状にギュッと結ぶと糸がヨレて編地にムラができてしまい、生地の劣化も加速。はき姿も不格好になるので絶対に避けて。さあ、正しい収納法を覚えよう!

●さあ、タイツの正しい収納方法を知っておこう!

「来冬ぐちゃぐちゃ」を卒業! タイツを“傷めずに収納する方法”の正解♡ 【冬服おかたづけテクニック】_2_1

1/3

「来冬ぐちゃぐちゃ」を卒業! タイツを“傷めずに収納する方法”の正解♡ 【冬服おかたづけテクニック】_2_2

2/3

「来冬ぐちゃぐちゃ」を卒業! タイツを“傷めずに収納する方法”の正解♡ 【冬服おかたづけテクニック】_2_3

3/3

伝線してはけなくなったストッキングをタイツの脚の幅を目安にカットして“バンド”を作る。はさみで筒状にカットすればOK。締めつけ感の弱い、薄いデニールのものが適任!
つま先からくるくる巻いたタイツを(1)で作ったバンドの中に入れて。ふたつに折ってから包帯状に丸めたタイツを、バンドで包んだらもうでき上がり。こうすれば、ほどけることも糸がヨレることもなく保管できるるんです。
しまうときは、色や素材感がパッとわかる“縦入れ収納”がおすすめ。縦に収納するとタイツの色や素材も一目瞭然! 衣替えの時期に限らずオンシーズンの収納にもよし。コストも手間もかからずいいことずくめ♡

“クリーングに出すだけ”“しまうだけ”はもう卒業! 冬服のお手入れ、これが正解!

MORE2017年4月号では、衣替えの時期に知っておきたい冬服のお手入れ方法をマルッと大公開! 洋服やコート、靴やバッグのお手入れ方法から、しまうときの大切なポイントまで、プロに聞いた簡単&上手なテクニックがいっぱいです。ぜひ読んで、衣替え上手な“ヨメにしたくなる”女子を目指しましょ!
magazinebannerimage

Ranking