犬好きなら涙腺崩壊! 3度生まれ変わる犬のドラマを描いた映画『僕のワンダフル・ライフ』

人間よりも寿命が短いペットを飼う人にとっていちばんつらいのは、いずれ別れがきてしまうということ。この作品は、ベストセラー作家のW・ブルース・キャメロンが、愛犬を亡くした試練を乗り越えようとしていた恋人のために書いた小説を映画化したもの。最愛の飼い主に会うために、50年間で3回生まれ変わる犬のドラマを描いたファンタジーです。

メガホンを取ったのは『マイライフ・アズ・ア・ドッグ』、『HACHI 約束の犬』で知られるラッセ・ハルストレム監督。犬が登場する映画といえば、カメラ目線で人間の言葉をしゃべらせたり、感動させようとする過剰な演出が鼻についたり、当たり外れがあるのも事実。この作品も「かつて愛したペットが自分にもう一度会うために生まれ変わってきてくれたら……」という都合のいい人間の妄想がもとになってはいるけれど、徹底して犬の目線で描くこと、そして犬の心情をモノローグとして語ることで、ベタになりそうな内容を上質なドラマに仕上げたハルストレム監督の手腕は見事です。

主人公はゴールデン・レトリバーのベイリー。子犬の頃にイーサン少年に命を救われて以来、片時も離れずに固い絆で結ばれていたものの、数年後に旅立ちの日がきてしまいます。ただしベイリーは、高校卒業を目前にアメフト選手になる夢を断たれ、初恋の人とも別れてしまったイーサンを心配。いつかイーサンと再会することを目指して、ジャーマン・シェパード、コーギー、セント・バーナードとオーストラリアン・シェパードのミックス犬など、何度も生まれ変わっていたのです。

主軸はベイリーとイーサンの物語ですが、別の犬種に転生した際のドラマもしっかり描かれているのがこの映画のおもしろいところ。警察犬として飼い主に忠実に尽くしたり、人付き合いが苦手な女性に寄り添い、恋をし、妻になり、母になる過程を見守ったり、犬によって救われ、人生を豊かに彩っていく人間たちの成長も楽しめます。そしてどんな人間に飼われるかを選べない犬の立場でこの物語を見ると、犬の目には自分がどんな飼い主に映っているか、ふと考えるキッカケにも。劇中のように心を通わせられたらどんなに幸せかを痛感する、犬好き必見の1本です。

(文/松山梢)

●公開中

©2017 Storyteller Distribution Co., LLC and Walden Media, LLC

Ranking

もっと見る

Movie

MORE12月号、発売中!