関ジャニ∞の丸山隆平が単独初主演! 映画『泥棒役者』は、爆笑コメディがいつのまにか感動の人情ドラマに!?

タイトルがズバリ表す通り、今回紹介するのは“泥棒”が“役者”のように次々と別人を演じるはめになる物語。NHK朝の連続ドラマ『とと姉ちゃん』の脚本家として知られ、向井理と片桐はいりが兄弟を演じた映画『小野寺の弟・小野寺の姉』で長編デビューを果たした西田征史の2作目となる監督作。2006年に作・演出し上演した同名舞台を、映画用にリライトして映像化しました。嘘が嘘を誘発する緻密な脚本と緊張感あふれる密室劇、そしてぶっ飛んだキャラ満載のコミカルな展開は見応えたっぷりです!

主人公は元泥棒の大貫はじめ(丸山隆平)。かつての仲間(宮川大輔)から、恋人(高畑充希)に過去をバラすと脅されて嫌々盗みに手を貸すことに。ところが侵入した豪邸の家主である絵本作家(市村正親)からは新しく担当になった編集者だと思われ、飛び込みで営業に来たセールスマン(ユースケ・サンタマリア)からは豪邸の家主だと勘違いされ、さらに本物の編集者(石橋杏奈)からは絵本作家と間違われる始末。泥棒であることを隠すため、間違われた別人を必死で演じ分けることになったはじめは、果たして無事に屋敷を抜け出して恋人の元に帰ることができるのか……?

この作品の魅力はとにかく、芸達者なキャストたちの演技合戦。特にベテランの市村正親がハイテンションで演じる絵本作家役は爆笑必至。強烈なキャラクターたちに振り回される、泥棒らしからぬはじめの人の良さもチャーミングで、演じた丸山隆平がまさにハマり役。はじめが絶対に守りたいと思う恋人のけなげさも、女子としては見習いたいポイントが満載です。そして、ただただ笑えるコメディかと思いきや、ラストに向かって思いも寄らない感動の人情ドラマに昇華していくのもみどころ。誰もが抱えている過去の失敗や後悔に寄り添い、乗り越える勇気を与えてくれる良作です!

(文/松山梢)

●11/18〜TOHOシネマズ 新宿ほか全国ロードショー

©2017「泥棒役者」製作委員会

Ranking

もっと見る

Movie

MORE12月号、発売中!