セルフネイル&洗濯まとめ洗いでキレイ&貯蓄を両立! 20代で500万円以上貯めた女子500人の「休日の貯蓄習慣」

貯まる女子と貯まらない女子、その違いはどこにある!? 気になる話を、貯蓄成功者500人に徹底調査。今回はその中から、貯めた女子が「休日にしていた習慣」をご紹介♡

※20代のうちに500万円以上を貯めた全国25~35歳の女性500人にインターネット調査。データはすべて500万円以上を貯めた20代当時についての回答。なお、本テーマにおけるコメントの「 」後の( )内は、“(職種・最高貯蓄額)”を表しています。

【貯めた女子の休日習慣!】自宅でセルフネイル&ケア

ジェルネイルもネイルポリッシュも、今やセルフで手軽に楽しめる時代。「休日はネイルをしたり、パックしながらじっくり半身浴をしたりとセルフ美容DAYに。月に1 〜2 回ネイルサロンやエステへ行くことを考えると1 日で1 万円以上は節約できていると思う」(営業・1000万円)

ファイリングから甘皮処理まで自分でケアできるセット。KOBAKO ネイルケアセット 6 アイテム(フィンガーボールつき)¥6500/貝印

【貯めた女子の休日習慣!】食材をまとめ買い&作りおき

「ひと駅先の安いスーパーや青果店を自転車で回り、1 週間分の食材をまとめ買い。献立は事前に考えておき、作り置きをストック」(事務・1000万円)と、大多数が週末のまとめ買い&作りおきを習慣に! しかも、ほぼ全員がマイバッグ持参でレジ袋代をカット。残った食材は1 回分ずつ冷凍するなど、調理のしやすさにも工夫。
家族形態によって差が出るものの、平均は1 万7000円前後。「週末ごとに冷蔵庫に残っている野菜をすべて使いきって調理し、ムダが出ないようにすれば使いそびれて傷んでしまう心配ナシ」(事務・1300万円)

【貯めた女子の休日習慣!】洗濯はお風呂の残り湯でまとめ洗い!

ひとり暮らしや夫婦ふたりなら、洗濯は毎日するよりまとめ洗いがコスパよし。「前は2 ~ 3 日に1 回洗っていたけど、洗濯機を大容量のものに買い替えて、週末にまとめて洗うようにしたら、水道光熱費が月に1000円ぐらい安くなった」(事務・700万円)。「お風呂の残り湯を使うことは常識」(営業・800万円)という声も多かった。

20代で貯蓄額500万円以上を達成した500人に徹底リサーチ! 貯まる女子がやっていること、すべて。

MORE2018年3月号では、貯蓄上手な女子たちがやっている「お金が貯まるテクニック」を大公開! 朝、昼、夜、休日など、様々なシーンで活躍する習慣が満載です。これさえ見れば、あなたも今年は貯金が捗るはず♪ ぜひ本誌をチェック!
MORE3月号

Ranking

もっと見る

もっと見る

Movie

MORE12月号、発売中!