"渡し箸"や"そろえ箸"は絶対NG! 知っているようで知らない、社会人のための「お箸のマナー」

取引先との会食や、社内での飲み会など、仕事関係での食事の機会は多いもの。意外とマナーをチェックされているからこそ、正しいお箸の使い方知って、今すぐ身につけておいて!

【教えてくれたのは……小倉朋子さん】
おぐら・ともこ●食の総合コンサルタント。『トータルフード』代表取締役。食の総合教室「食輝塾」主宰。『世界一美しい食べ方のマナー』など著書多数

まずはここから! 美しい箸の持ち方・動かし方をマスター

実は意外とみんなできていない、お箸の正しい使い方&動かし方。箸を美しく扱えると、品よく見られて好印象に! 早速、正解な箸の使い方を教えます。

★お箸の正しい持ち方はこれ!

これが正しい箸の持ち方。「実は成人の約8割が間違った箸の持ち方をしているんです」(小倉さん)。箸の先端から3 分の2 の位置で持つと美しい。
正しく持つには、まず箸の1 本を指3本で鉛筆のように持ち、もう1 本を指の間に通すようにしてみましょう。こうやれば、簡単に正解バランスに!

★お箸の正しい動かし方はこう!

動かすのは上の箸だけ。「下の箸は、薬指にのせたまま。箸を上げる時は中指、下げる時は人さし指が動かすポイントになります」(小倉さん)

これをやったら印象最悪! な忌み箸まとめ

何気なくお箸を使っていると、知らぬ間にNG行動をしているかも……!? 絶対やってはいけない"忌み箸"をまとめてお届けします。

1/6

2/6

3/6

4/6

5/6

6/6

【渡し箸】
食事中、箸を休める時に、食器の上に渡して置く忌み箸。「箸置きがない時にやりがちです。折おしき敷のふちに置くか、箸袋があるなら箸置きを作りましょう」(小倉さん)
【刺し箸】
食べ物を箸で突き刺して口に運ぶ忌み箸。「里いもやかぼちゃなど、丸くてすべりやすいものや、形が大きくて持ち上げにくい料理にやりがちなので注意!」(小倉さん)
【そろえ箸】
ばらついた箸先を膳や皿の上などの食器でそろえたり、舌や唇の上でそろえたりする忌み箸。「ばらばらの箸先が気になる時は中指と人さし指を動かして修正を」(小倉さん)
【寄せ箸】
器の中に箸先をかけて、器を手前に引き寄せる忌み箸。「小鉢などでしがちです。行儀も悪く見えます。器を動かす時は、きちんと手を使ってください」(小倉さん)
【振り上げ箸】
箸先を手の甲より高く振り上げる忌み箸。「『おいしーっ』、『そうそう』など会話が盛り上がった時に振り上げがち。箸で人をさす、『指し箸』もダメです」(小倉さん)
【すくい箸】
スプーンのようにすくう忌み箸。 豆腐、豆など箸でつかめる食材をすくって食べてはダメ。「めかぶ、とろろなど箸ではつまめない食材はすくってもよいです」(小倉さん)

後輩から一目置かれる! 先輩にほめられる! “オフィス映え”パーフェクトマナーBOOKを手に入れよう♡

MORE2018年5月号の別冊付録『“オフィス映え”パーフェクトマナーBOOK』は、電話やメール、SNS、会食などなど、仕事シーンで覚えておきたいマナーを網羅した便利なアイテム。しかも写真で分かりやすく紹介しているので、楽々学べます♡ ぜひゲットして、今よりもっとデキる女性に♪
MORE5月号

Ranking

もっと見る

もっと見る