若手女性詩人と小説家に学ぶ「言葉を武器に生きるとは?」【オススメ☆BOOK】 

最近の発売された話題の本や永遠に愛される名作などから、キーワードに沿った2冊のイチ押し&3冊のおすすめBOOKをご紹介します。

【今月のキーワード】「“言葉を武器に生きるとは?」

16歳で詩人として歩き始め、「JK詩人」と呼ばれた著者は、高校も大学も卒業して「20代の女性詩人」として現在を生きている。初詣にも行ったことがなく、本当の恋愛を知らないと断言され、文化系コンプレックスさえ抱えながら、街へ出て自分の部分を確かめ、輪郭を明らかにしていく。詩人として、さまざまな言葉や思いをぶつけられることも少なくない。見知らぬ人からの中傷もあれば、「詩人と娼婦は似た部分があると思う」という知人の発言もある。キーッ! と怒ってパッカーン! と遠くへかっ飛ばしたくなるようなそんな言葉を、しかし著者は受けとめ、傷つき、吟味する。そうして自分の振る舞いを選び取っていくのだが、『臆病な詩人、街へ出る。』でつづられる、その手つきはしなやかでも力強くもなく、ぎこちない。だけど、とことん迷い、他人からも自意識からも逃げずに闘うその姿は美しく、「どんな理不尽な目に遭おうとも、どんな誤解を受けようとも」「生きていく。私以外に『わたし』を生きる者はいないのだ」という宣言は、しびれるほどにカッコいい。
小説家の場合はどうだろう。漫画『ものするひと』は、30歳の純文作家の生活と頭の中身を見せてくれる。言葉で遊び、言葉を使って「0 を1にすることで触れられる世界」をつくり出す日常。フィクションに描かれるべく整頓される前の、心の動きのリアリティに、思考の広がりや飛躍にワクワクさせられる。ゆるりとやわらかい絵を連ねながら、小説と漫画という、近くも遠くもある両ジャンルの読み物の関係を、真新しく更新してくれる傑作だ。

【イチ押しBOOK1】文月悠光さんの『臆病な詩人、街へ出る。』

街へ出て、世界に触れる。恋愛に迷い、アイドルオーディションに怯み、臆病さの根っこにある自意識を見つめ直す。日常を生き延びるための言葉がたっぷり詰まったエッセイ集。(立東舎 ¥1600)

【イチ押しBOOK2】オカヤイヅミさんの『ものするひと』①

文芸雑誌で新人賞をとってデビューし、アルバイトをしながら小説を書く主人公。生活の真ん中に書くことを置き、言葉で遊ぶ作家の日常は普通じゃない? じゃあ「普通」ってなんだろう、と考えるのも楽しい一冊。
(KADOKAWA ¥720)

【『みんなの恋愛映画100選』などおすすめBOOKはこの3冊!】

1/3

2/3

3/3

『おまじない』 西 加奈子

言葉には世界を広げ、人を救う力がある。少女、キャバクラ嬢、OLに妊婦など、立場も性格も違う8人の女子を主人公にした8 編。彼女たちの心を温めて、読者の心もすくい上げる「魔法の言葉」に出合える短編集。(筑摩書房 ¥1300)
『Tokyo Eatrip』 野村友里

気鋭のフードディレクターが、自ら通いつめるごはんどころをご案内。青山、浅草、銀座、西荻窪など東京中から選んだ57軒のガイドに、ギャラリーや雑貨店などの情報も加えたマップ、コラムも充実する贅沢な一冊。(講談社 ¥2950)
『みんなの恋愛映画100選』〈絵〉長場 雄 〈文〉山瀬まゆみ 小川知子 中村志保

シンプルな黒い線が映画の一場面を描き出す。人気イラストレーター・長場雄が100本の恋愛映画をイラストで描き下ろした。各作品から選ばれた名言&ミニコラムを読めば、観たい映画リストが激増します。(オークラ出版 ¥2500)
---------------------
MORE2018年6月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック! 文/鳥澤 光
---------------------
MORE6月号

Ranking

もっと見る

Movie

MORE11月号、発売中!