節約が楽しくなる! 1年で100万円貯めた人が実践している「コストカット術」3選

お金が貯まる人と貯まらない人の分かれ道――それは何気ない日常的な習慣の違い! 1年で100万円貯めた読者&専門家に徹底取材して、貯蓄上手になるためのおトクなマネーテクを大調査。本当に使える節約術を紹介します。

【月約300円カット】ケータイの不要な オプションを解約する

節約が楽しくなる! 1年で100万円貯めた人が実践している「コストカット術」3選_1
契約時につけることでおトクになるオプションサービスは、見落としがちな節約ポイント。「着信メロディや留守番電話など、本当に必要かどうか見直しましょう」(八ツ井慶子さん)。「留守番電話サービスなど有料オプションサービスの多くは月約300円前後。これをひとつでも解約すれば、年間3600円の節約になります。たくさん加入している人ほどよけいなコストがかかっているので、削減効果も大きいですよ」(花輪陽子さん)

【月約361円カット】冷蔵庫には詰め込まず、 冷凍庫にはスキマをつくらない

節約が楽しくなる! 1年で100万円貯めた人が実践している「コストカット術」3選_2
「冷蔵庫は中身を詰めすぎるとよけいな電力がかかるので、半分程度にキープして設定温度を『強』から『中』に下げると、年間115.56kWhの省エネとなり月約260円節約できます」(花輪陽子さん)。「逆に冷凍庫はスキマをつくらないほうが省エネ。スキマがあるなら水を入れたペットボトルを凍らせておけば防災グッズにも。また、壁から少し離して設置することでひと月あたり約101円の節約に」(八ツ井慶子さん)

【月約1万2000円カット】ランチは外へ食べに行かずにお弁当を作る

節約が楽しくなる! 1年で100万円貯めた人が実践している「コストカット術」3選_3
「外食の場合、1食あたり800円前後なのでランチだけで月20日間= 1万6000円もの出費に。これをお弁当に切り替えれば1食200円程度でやりくりできるはずなので、月1万2000円のコストカットに」(花輪陽子さん)。「夕食を多めに作ったり、週末に作りおきしておけば、朝の忙しい時間もお弁当箱に詰めるだけなのでラクチン。ズボラな私でも月1万円以上も節約できています」(27歳・受付)

まだまだあります、知って得する「マネーライフテク」!!

MORE2015年12月号では、1年で100万円貯金した人が実際にやっているToDoをまとめた、永久保存版の別冊付録が! これを実践すれば、あなたも貯金上手になれるはず。ぜひ、こちらもチェックして。

Ranking

もっと見る

What's New

もっと見る