上白石萌歌、黒木華、星野源、福山雅治らが共演! 細田守監督が描く家族の物語『未来のミライ』

日暮れどきに街を歩くと、何気なく視界に入るマンションや住宅のあかりのひとつひとつに誰かの生活があり、人生があるのだなあと妙にセンチメンタルな気分になることがある。この映画の舞台も、そんな都会の片隅の住宅街にポツンとある、何の変哲もない小さな家。そこで暮らす平凡な家族の過去をひもとく物語だ。主人公は妹が生まれたばかりの4歳の男の子くんちゃん。未来からやってきた妹のミライちゃんと出会い、今まで知らなかった両親や曽祖父たちの過去を垣間見る、時空を超えた冒険に繰り出すことに。

「もしもひいじいじが必死で泳がなかったら」、「もしもひいばあばがわざとかけっこで負けていなかったら」など、現在のくんちゃんにつながる家族のドラマは、意外なほど些細な日常の積み重ね。ただし、そんな些細だけれど奇跡的な出来事の上に、くんちゃんだけでなく自分の命も成り立っていることに、映画を観ているとふと気づかされる。そもそも家族の過去について詳しく知っている人は少ないもの。両親の馴れ初めや祖父母の生き様は、自分にもっとも関係あるもっとも身近な歴史ドラマ。関係が近いからこその気恥ずかしさや聞こうと思えばいつでも聞けるという甘えはあるけれど、この映画をきっかけに、家族で話してみるのも素敵かもしれない。

『時をかける少女』や『サマーウォーズ』、『おおかみこどもの雨と雪』や『バケモノの子』で知られる細田守監督の最新作だけあって声の配役も豪華。くんちゃんの声を上白石萌歌が、ミライちゃんを黒木華が演じ、慣れない育児に戸惑う建築家のお父さんを星野源、しっかりもののお母さんを麻生久美子が担当している。さらに祖父には役所広司、くんちゃんが時を超えて出会う青年には福山雅治が扮するなど、声だけで奥深いドラマを感じさせる演技派が勢ぞろい。家族が集まる夏休みにぜひ観たい、普遍的な物語にぜひ注目を。

(文/松山梢)

●公開中

(C)2018 スタジオ地図

Ranking

もっと見る

Movie

本田翼ちゃんがモアモデルになりました!! MORE9月号絶賛発売中♡