Salon de JUJU 今月は『フォーカス』

Salon de JUJU 今月は『フォーカス』_1
Salon de JUJU 今月は『フォーカス』_2

今月のテーマ「今年こそ目指したい! 恋人がいるクリスマス」

最近、派遣先の社員といい感じに。“恋人いない歴=年齢”の私も、今年こそは彼と過ごすクリスマスを経験したいです。こんな私にアドバイスと応援の一曲を!(27歳・事務)

真のクリスマスとは 恋人のためにあらず !!

まずモア読者の皆さんに言っておきたいのですが、クリスマスは“聖なる”日であって“性なる日”じゃないですよ!!(笑)。日本では、いつの間にか“クリスマス=恋人と過ごす日”になってるけど、本来はキリストの生誕を祝う日なので!

質問された方の場合は、「いい感じになってる男性とおつきあいしたい」という目的が「クリスマスまでに彼氏をつくらなきゃ」にどこか変わってると思う。そうやってクリスマスに照準を合わせると勇み足になって失敗しかねない! まずは焦らず現状を維持して、ふたりで会う回数を重ねることが大事。そして会うたびにお酒の量を一杯ずつ増やす。一杯分一緒にいる時間が長くなり、酔ってテンションも高くなるので親密度が上がるはず。

でも、今まで彼氏がいないことは全然悪いことじゃない。恋愛経験が多くても、その経験が邪魔して先に進めないこともあるので。だから今回は、ユーミンの『フォーカス』を贈ります。“運命の相手との出会いを待つ素晴らしさ”が伝わる歌詞をじっくり味わってください。

ちなみに私、クリスマスは恋人と過ごす日! という風潮にはあまりなじめないけれど、本来の“聖なる”クリスマスは大好きなんです。毎年、もみの木は生木で買って飾りつけし、鶏の丸焼きもちゃんと作るくらい。だからクリスマスソングも好き。ポール・マッカートニーの『ワンダフル・クリスマスタイム』は聴くだけでクリスマス気分が盛り上がるし、ナット・キング・コールの『ザ・クリスマス・ソング』もいい。1900年代のアメリカの歌手、ビング・クロスビーの、クリスマスソングばかり集めたアルバム『ホワイト・クリスマス』は子供の頃から聴いてます。賛美歌も入っていてクラシカルで素敵なんです。

こんなクリスマスソングを聴きながら、家族や友達とパーティーするもよし、会社の人と納会するもよし、恋人とだけではない過ごし方も、ぜひ楽しんでほしいです!

『フォーカス』松任谷由実

Salon de JUJU 今月は『フォーカス』_3
この連載でもたびたび登場するユーミン。『フォーカス』を収録した『PEARL PIERCE』は1982年発売の13枚目のアルバム。恋愛中の嫉妬を鮮明に描いた『真珠のピアス』、『忘れないでね』など全10曲どれもが、今も女性の気持ちをつかむ。(ユニバーサル¥1886)
(プロフィール)
じゅじゅ●12/9 、約1年9カ月ぶりのオリジナルアルバム『WHAT YOU WANT』をリリース。来年4月からはホールツアーも決定
---------------------
MORE2016年1月号・さらに詳しい情報は雑誌MOREをチェック!
取材・文/古川はる香
---------------------

Ranking

もっと見る

もっと見る