やさしくて悲しい、母と息子のファンタジー。映画『母と暮せば』

やさしくて悲しい、母と息子のファンタジー。映画『母と暮せば』_1
愛する人を突然に失い、その死を確認できないままだとしたら、人はどうやってその人と“お別れ”したらいいのか──。終戦70年の節目の年の、最後に公開となる映画『母と暮せば』は、吉永小百合と二宮和也が共演、長崎の原爆で死んだ息子と残された母がもう一度再会する感動のファンタジーです。

1948年8月9日、助産婦としてひとり静かに暮らす伸子(吉永小百合)は、息子・浩二(二宮和也)の恋人だった町子(黒木華)と一緒に墓参りへ行き、3年前に原爆で亡くなった息子はもう二度と戻ってこない、待つのはもう諦めようと心に決めます。ところがその矢先、浩二がひょっこり現れます。自分にしか見えない息子。亡くなっているのは分かっていても、母親にとってはやっぱり嬉しいものです。昔はこうだったああだったと他愛もない話をすることが伸子の生きがいになっていきますが、ふたりの時間は永遠ではなく、別れの時が近づき……。

伸子と浩二、伸子と町子、それぞれの会話から伝わってくるのは、喜びや悲しみ、執着心といったさまざまな感情です。諦めようとしても諦めきれない、忘れようとしても忘れられない感情と人はどう向きあっていくのか、その心の変化が丁寧に描かれています。また、この物語は作家・井上ひさしさんがずっと描きたいと考えていた物語を山田洋次監督が引き継ぎ、完成させたもの。これを観て心を打たれたら、広島の原爆で死んだ父親と生き残った娘の物語『父と暮せば』もぜひ。

(文/新谷里映)

●12/12〜全国ロードショー

Ranking

もっと見る

もっと見る