木下ほうかさん「そのくらい好きじゃないと結婚しちゃいけないって思うんです」【お悩み相談室『俺の人生論』】

恋に仕事……、女子の悩みは酸いも甘いもかみ分けた男に聞け! 今月からのゲストは木下ほうかさん。

【今回のお悩み】彼の母親が好きになれません。うまくやっていけるか、正直不安です。

交際3年、結婚を約束し、彼の両親に挨拶に行きました。最初はなごやかな雰囲気でしたが、私が結婚後も仕事を続けると言うと、母親が途端に不機嫌に。その後もイヤミを言われ、小言を言われ……。我慢すべき? それともいっそ、彼と別れたほうがいいでしょうか?(29歳・保育士)
木下ほうかさん「そのくらい好きじゃないと結婚しちゃいけないって思うんです」【お悩み相談室『俺の人生論』】_1
彼がどう思っているのかそれがいちばん肝心だよね

シンプルにお答えするとしたら、まず、あなたが我慢するという案には反対です。無理して相手に合わせても、最初のうちはできたとしても、それがいつまでも続くはずがない。かといって、別れたほうがいいとは思いません。だから私がすすめるのは駆け落ちです。親とか親戚とか、そういうのをすべて取っ払って、ふたりが勝手に一緒になればいいんです。

もうひとつ、手があるとしたら、このお母さんとサシで話して、お互いに言いたいこと言って、仲よくなる。まあ、簡単じゃないけどね。でもこういう相談というのは、簡単に答えられるものじゃない。白黒はっきりさせるのは、苦手なんですよ。それぞれ事情もあるでしょうし。

気になるのは、彼の態度です。その彼があなたとお母さんの確執をどう思っているのか。そこがいちばん肝心だと思うんです。逃げてるのか、気づかないフリしてるのか、わからないけど。

もし僕が彼の立場だったら、母親と彼女の間を遮断しますね。駆け落ちでもなんでもして結婚して、両親には報告だけして、一切関係を断つ。母親が怒って絶縁するとか言い出したら、それはそれでいいんです。自分が生まれ育った家族は、過去のものだから。彼女をまず誰よりも大事にして、新しい家族をつくることに専念します。それくらい惚れ込んだ彼女とじゃないと、結婚しちゃいけないと思うんですよ。

実は僕自身も、この人と同じ悩みを持っている

実はこれ、僕自身の悩みと一緒なんです。僕は54歳にして未婚ですが、今まで結婚に至らなかった大きな理由がそこにある。

結婚って、本人同士の話だけじゃないんですよ。親兄弟、周囲の人が必ずついてくる。俳優なんかやってると、不確かな職業だし、売れてないと怪しいヤツとしか思われないから、周囲から当然、反対の声が出る。だから結婚相手は誰にも反対されない、天涯孤独の女性がいいって、ずーっと思ってました。婚活もしましたよ。48歳の時に突然〝あ、50歳になる前になんとかしよう〟と思い立って、2年くらいジタバタしました。結婚相談所みたいなところで紹介されて、この人でもいいかな、と思ったりしたけど、でもね、やっぱり、あかん。

相手のちょっとしたところが気になるんです。今はいいけど、いつか絶対別れることになる、と思った。何年か先を想像したら、多分無理だって(笑)。友達は、「結婚は勢いでするものだ、とにかく結婚しろ」って言いますけど、僕は絶対離婚したくないから、慎重にならざるを得ない。妥協しちゃダメなんです。妥協すると続かないから。

もちろん場合によっては、続くかもしれない。この人も我慢すればできるのかもしれないし、お母さんなんてシカトしてやり過ごすこともできるかもしれない。だからもう、答えになってないですね、ごめんね。

でも大事なことは、ひとつだけ。その彼のこと、本当に好きかどうか、です。お母さん問題も仕事問題も、何があってもこの人がいい、と思えるなら、それがいちばんです。そのくらい好きじゃないと結婚しちゃいけないって、僕は思うんです。

【木下ほうかさんの回答】我慢はダメ、妥協もダメ 結婚を急ぐのはもっとダメ

きのした・ほうか●1964年1月24日生まれ、大阪府出身。1981年、映画『ガキ帝国』で俳優デビュー。以降、独特の演技とキャラクターで、『下町ロケット』をはじめとする話題のドラマや映画に出演。バラエティにも活躍の場を広げている


▶▶▶ 関連記事/「俺の人生論」のまとめ、はこちらから!

Ranking

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る