【蠍座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/3〜5/16> 月のパッセージ―新月はクラい、満月はエモい―

12星座全体の運勢

「濃密なエモを嗅ぎとって堪能すればいい」

5月7日は鞍馬寺などでブッダの生涯を祝うウエサク祭が催され、蠍座で満月を迎えます。今回の蠍座の満月は「FULFILLMENT(約束の履行と実現)」がキーワード。これは言い換えれば「変容の成就」ということでもあり、古いパターンからの脱却や離脱、引きこもり期間の後に、人生のユニークでカラフルなビジョンに目覚めることがテーマとなっています。今週はできるだけ現実の豊かな匂いや味を堪能していくことで、心が昂揚する「エモッ!」を研ぎ澄ましていきたいところ。 

蠍座(さそり座)

今週のさそり座のキーワードは、「悲哀」。

蠍座のイラスト
自身の元に送られてきた19歳の女性ファンの日記を元に書かれた太宰治の『女生徒』には、「五月のキュウリの青味には、胸がカラッポになるような、うずくような、くすぐったいような悲しさが在る」という文章が出てきますが、悲しみという心情には、思いがけない感覚との結びつきが無数に隠れているように思います。

谷崎潤一郎の大作『細雪』にも、「それは悲しみには違いなかったが、一つの美しいものが地上から去って行くのを惜しむような、いわば個人的関係を離れた、一方に音楽的な快さを伴なう悲しみ」があった一節があり、こちらもこんな悲しみの感じ方があったのかと思わずにはいられません。

ただ、「悲しい」という情動が感覚との新たな回路を形成していく時というのは、いずれにせよ存在の核の部分が揺れ動いた時であり、満月が起きていく今週のさそり座もまた、まさにそうしたタイミングに入っているのだと言えます。

これはという新鮮な材料を見かけたら、積極的に触れて新たなエモを発掘していきたいところ。


出典:
太宰治『女生徒』(角川文庫)
谷崎潤一郎『細雪』(中公文庫)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。 

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る