【獅子座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/3〜5/16> 月のパッセージ―新月はクラい、満月はエモい―

12星座全体の運勢

「濃密なエモをクンカクンカすればいい」

5月7日は鞍馬寺などでブッダの生涯を祝うウエサク祭が催され、蠍座で満月を迎えます。今回の蠍座の満月は「FULFILLMENT(約束の履行と実現)」がキーワード。これは言い換えれば「変容の成就」ということでもあり、古いパターンからの脱却や離脱、引きこもり期間の後に、人生のユニークでカラフルなビジョンに目覚めることがテーマとなっています。今週はできるだけ現実の豊かな匂いや味を堪能していくことで、心が昂揚する「エモッ!」を研ぎ澄ましていきたいところ。 

獅子座(しし座)

今週のしし座のキーワードは、「血潮」。

獅子座のイラスト
三浦哲郎は『愛しい女』の中で、「実にかすかだが」と前置きした上で、「躰(からだ)のどこか薄暗いところに淀んでいた古い血でも波立ち騒ぐような、ざわめきが聞こえた」と書きましたが、それを読んだ時、そうか自分の身の内に流れている血も海潮と繋がっていて、月夜の晩に気持ちが疼いたり昂揚したりするのもそのためか、と思ったものでした。

あらゆる辛酸を取りこんだ母なる海の水の「味」は、地球の生み出すありとあらゆる味覚の原点が凝縮されたものであり、そうした海のなごりは生き物が海から上陸した後も血液を介して自分自身の中に生きている。

「血潮」ということばには、そんな遠い先祖の古い記憶が刻み込まれているのかも知れません。

今週のしし座もそんなふうに自分の背景にある系譜やルーツ、その根源に浸っていく中で、からだの奥底から力強い感覚がみなぎってくるのを感じていくことができるでしょう。


出典:三浦哲郎『愛しい女』(新潮文庫)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。 

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る