【牡牛座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/17〜5/30> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「自分を変えるための学びを」

木々の若葉が青葉に変わり、夏の兆しが一気に濃くなっていく二十四節気の「小満」が5月20日。その直後にあたる5月23日に、私たちは双子座で新月を迎えていきます。今回の全体キーワードは「学力の形成」。これは何か本を読んだり出来事を向きあったときに、「それでいったい何が解ったことになるのですか」と自問するということであり、「解ることによって自分が変わる」ということを身に沁みて感じていくということでもあります。今回の新月前後は「自分を変えるための学び」をどこに見出し、そこに手間をかけていけるかを改めて意識していきたいところ。

牡牛座(おうし座)

今週のおうし座のキーワードは、「思う」。

牡牛座のイラスト
『論語』に「学んで思わざれば則ち罔(くら)し、思うて学ばざれば則ち殆(あやう)し」という一節があります。

これは、学んでばかりいて自分の頭で考えないと何も見えてこないし、ひとりで思ってばかりで他人から学ぼうとしなければ、ひとりよがりになって危険だという意味なのですが、ここで言う「思う」とは、決してただ抽象的な理論や理屈をいじりまわすことなどではありません。

『岩波古語辞典』をひくと、「思ふ(おもふ)」とは「胸のうちに、心配・恨み・執念・望み・恋・予感などを抱いて、おもてに出さず、じっとたくわえている意が原意」とあります。つまり、何かを「思う」ということはもともと沈黙する時間を持つということだった訳です。

そして沈黙するとは、深く感じるということであり、深く感じる力を自分の中に育てられないと、何も見えてこないし、ただ学んでも仕方がないというのが、『論語』の先の一節の主旨でもあったのではないでしょうか。

深く感じる力とは、困難な事態に出会ったときの姿勢の問題でもあります。感情を振り乱してわめき立てるのでもなく、ただボーっとするままに崩れてしまうのでもなく、背筋をしゃんとして事態に臨んでいく。今のおうし座は、そんな「おもう」力を存分に育てていきたい。


参考:宇野哲人『論語新釈』(講談社学術文庫)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る