【双子座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/17〜5/30> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「自分を変えるための学びを」

木々の若葉が青葉に変わり、夏の兆しが一気に濃くなっていく二十四節気の「小満」が5月20日。その直後にあたる5月23日に、私たちは双子座で新月を迎えていきます。今回の全体キーワードは「学力の形成」。これは何か本を読んだり出来事を向きあったときに、「それでいったい何が解ったことになるのですか」と自問するということであり、「解ることによって自分が変わる」ということを身に沁みて感じていくということでもあります。今回の新月前後は「自分を変えるための学び」をどこに見出し、そこに手間をかけていけるかを改めて意識していきたいところ。

双子座(ふたご座)

今週のふたご座のキーワードは、「あわい」。

双子座のイラスト
日本民俗学の父・柳田國男は『毎日の言葉』という著作の「よいアンバイに」という言葉を取りあげた箇所で、次のように書いています。

アンバイは物を適当に配列することでもなく、また料理の塩加減などでもなく、本来は「あはひ」すなわち間(ま)ということだったのであります。それがアワイと発音せられる時代になって、ワ行の字音はいつとなくバ行にうつったのかと思われます。

「あわい」に似た言葉として「あいだ」がありますが、こちらは休日だったり、恋人と逢えずにいる時間など、何か意義ある二つのもの同士の距離やそこに広がる静的な空白が強調されています。

それに対して、「あわい」はより動的であり、二つのものが両方から出会いながら、重なったり交わったり、ときに逆らったり背いたり、せめぎ合ったりしている状態や関係を表したもの。

つまり、孤立した‟つぶつぶ”として関係して欠けや脱けに意識を置くのではなく、互いに干渉しあう‟波”として関係しつつそのグラデーションを楽しんでいくことにこそ、「あわい」の美学はあるのだということです。

だからこそ、きちんと「あわい」に立つのはそう簡単なことではない訳ですが、今のふたご座にとっては、そんなチャレンジこそが大切になってきているのではないでしょうか。

ひとつ波乗りをするサーファーになったつもりで、「あわい」の感覚を楽しんでみてください。


出典:柳田國男『毎日の言葉』(角川ソフィア文庫)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る