【乙女座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/17〜5/30> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「自分を変えるための学びを」

木々の若葉が青葉に変わり、夏の兆しが一気に濃くなっていく二十四節気の「小満」が5月20日。その直後にあたる5月23日に、私たちは双子座で新月を迎えていきます。今回の全体キーワードは「学力の形成」。これは何か本を読んだり出来事を向きあったときに、「それでいったい何が解ったことになるのですか」と自問するということであり、「解ることによって自分が変わる」ということを身に沁みて感じていくということでもあります。今回の新月前後は「自分を変えるための学び」をどこに見出し、そこに手間をかけていけるかを改めて意識していきたいところ。

乙女座(おとめ座)

今週のおとめ座のキーワードは、「あう」。

乙女座のイラスト
「出会い」の偶然性を問い続けた九鬼周造は、主著『偶然性の問題』の最後に、「遭うて空しく過ぐる勿(なか)れ」という浄土論の言葉を引いて論を閉じました。

これは「あう」ことがいかに難しいものであるかということを九鬼が痛いほどに感じていたからこそ紡げた言葉と言えますが、逆に言えば、誰かと「出会い」、何かと「合う」ことは、当人の感性や知性ぬきには語れないということであり、出逢いの現場で何かを一目みて‟いい”と直感できるようになるためには、それ相応の努力や、その蓄積である実力が必要不可欠なのだということでもあります。

例えば、月に「逢う」というようなことであっても、あつい雲のあいだから月が出るか出ないかは、ひとりの人間の力ではどうすることもできません。それでも、頭を高くあげて雲の切れ目を見つめ続けていない限り、月を見つけて逢うことはできません。

そうした、「やっとこうしてうまく逢うことができた」という‟めぐりあわせ”には、必ず自分の力を超えた働きへの感受性が伴なわれているのです。

そのことをよく踏まえた上で、いま一度先の九鬼の引用に立ち戻られたい。

よい出逢いの感受を実現するためには、そのための然るべき前準備が必要不可欠であり、そこに手間暇をかけていく時間をこそ、今のおとめ座は大切にしていくといいでしょう。


出典:九鬼周造『偶然性の問題』(岩波文庫)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る