【山羊座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/17〜5/30> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「自分を変えるための学びを」

木々の若葉が青葉に変わり、夏の兆しが一気に濃くなっていく二十四節気の「小満」が5月20日。その直後にあたる5月23日に、私たちは双子座で新月を迎えていきます。今回の全体キーワードは「学力の形成」。これは何か本を読んだり出来事を向きあったときに、「それでいったい何が解ったことになるのですか」と自問するということであり、「解ることによって自分が変わる」ということを身に沁みて感じていくということでもあります。今回の新月前後は「自分を変えるための学び」をどこに見出し、そこに手間をかけていけるかを改めて意識していきたいところ。

山羊座(やぎ座)

今週のやぎ座のキーワードは、「すむ」。

山羊座のイラスト
13世紀のはじめ、中央で歌人として活躍した後、晩年になってこの世の無常と草庵での簡素で素朴な暮らしを描いた鴨長明は、『方丈記』の冒頭で「ゆく河の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず。よどみに浮かぶ泡沫(うたかた)は、かつ消えかつ結びて、久しくとどまりたるためしなし」と書き出したことでよく知られていますが、のちに世阿弥は能「養老」で、その最後の部分が「久しく澄める色とかや(澄んだ色をしていることよ)」と書き換えています。

この「すむ」という言葉について『岩波古語辞典』をひくと、「浮遊物が全体として沈んで静止し、気体や液体が透明になる意」をくんだ「澄む」の他に、「済む」のすむと、「住む」のすむとがあり、この三種類の「すむ」の意味を重ねて使っても不自然でない受け止め方をしてきたのだということが分かります。

「済む」は、「済みません」という言葉にも残っているように、片を付けたこと、つまり借りを返し、もはや何の負い目もないという含みが込められた言葉であり、「住む」はあちこち動き回るものが一つ所に落ち着き、定着することを言います。

その意味で、この「すむ」という言葉はまさに鴨長明の生き様そのままであり、今のやぎ座にも少なからず響くものがあるのではないでしょうか。


出典:鴨長明『方丈記』(光文社古典新訳文庫)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る