【牡牛座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/31〜6/13> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「‟想定外”への一歩を踏み出す」

二十四節気で「穀物の種をまく時」という意味の「芒種」を迎えるのが6月5日。実際には麦の刈り取りの時期であり、どんよりとした天気の下で鮮やかな紫陽花やカラフルな傘たちが街をいろどる季節。そして6月6日に起きる射手座の満月は、いつも以上にエモの膨張に拍車がかかる月食でもあります。そんな今の時期のキーワードは「モヤモヤのあとのひらめき」。それは息苦しい勉強に退屈していた子供が、庭に迷い込んだ野良猫の存在に驚き、その後を追い路地を抜けた先で、今まで見たことのなかった光景を目にした時のよう。これから満月前後にかけては、現在の行き詰まりを打開するような‟想定外”体験に、存分に驚き開かれていきたいところです。

牡牛座(おうし座)

今週のおうし座のキーワードは、「匙を投げろ」。

牡牛座のイラスト
「匙を投げる」などと言うと、なんとなく癇癪を起こしてスプーンをひっくり返したり、相手に投げつけたりといったイメージを浮かべてしまいますが、この「匙」とは薬を調合する道具のことであり、医療者側がこの病人はもう助かる見込みがないと判断することを意味するのだそうです。

つまり、単に相手を突き放すような、ひどい人間の振る舞いを指すのではなく、きちんとした洞察に基づいて"関わらないこと”を選び、それを示すことも含まれてくる訳です。

例えば、『戦中派の死生観』を遺著とした小説家の吉田満は、敬愛する父親をめぐるエッセイの中で、「私はその点まことに不肖の子で、運動神経が鈍いうえに不精者ときているから、父は早いうちに匙を投げてしまった」と書きました。

父君はゴルフ好きなだけでなく大の「教え魔」だったそうですが、吉田満はもともとバッハを愛してやまないような学生でしたし、戦後は日本銀行に勤めながら小説を書き、また論客として言論活動をしていたような人でしたから、当然と言えば当然でしょう。

けれど、それも父君が強引にゴルフをやらせる代わりに、きちんと「匙を投げ」てくれたからこそ、のちに多くの日本人の心に残る『戦艦大和ノ最期』などの名作が生まれたのだとも言えます。

中途半端に介入して相手を振り回すくらいなら、あえて無理に関わらず、いっそ「匙を投げる」方が相手を活かすこともある。

それはどこか今季のおうし座にも通じるところがあるでしょう。


出典:吉田満『戦中派の死生観』(文春学藝ライブラリー)
<プロフィール>
慶大哲学科卒。学生時代にユング心理学、新プラトン主義思想に出会い、2009年より占星術家として活動。現在はサビアンなど詩的占星術に関心がある。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る