食べかす汚れが多い歯肉近くは、歯間ブラシを使おう!! 極細タイプ、ゴムタイプ、外出先でも使えるスライド式など、おすすめ3選

お話をうかがったのは……

『聖母歯科医院』歯科衛生士
豊山とえ子先生
歯科医の夫とともに、削らない歯科クリニックを経営。行きたくなる歯医者さんづくりのコンサルティングも行う。『かしこい子が育つ正しい歯のみがき方』(ジービー)など著書多数

歯間ケアは極細タイプをチョイス

ブラシのサイズはメーカーによってさまざま。最初は極細ブラシを選択。「フロスは歯と歯の接触面、歯間ブラシは歯と歯肉の間の掃除のため。歯肉は薄くデリケートなので、繊細なブラシ&極細のワイヤーを選んで」(豊山先生)
食べかす汚れが多い歯肉近くは、歯間ブラシを使おう!! 極細タイプ、ゴムタイプ、外出先でも使えるスライド式など、おすすめ3選_1
a.柔らかい毛が細部まで到着し、汚れを優しくかき出す。
クラプロックスCPS(06 青・07 赤)プライムスタート(5個+2種のホルダー入り)各¥1500/クラデンジャパン
b.ゴムタイプで歯ぐきに優しい。
DenTek コンフォートピック ウォレットカード(42本)¥750/ピルボックス ジャパン
c.スライド式で、外出先でも大活躍。
KENT KNT7010¥400/池本刷子工業

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る