睡眠科学の専門家が提案!“ぐっすり眠るための絵本”【おすすめ本】

最近発売された本の中から、おすすめを厳選して紹介!

最近発売された話題の本から、3冊のおすすめをご紹介します。

『並行宇宙でしか生きられないわたしたちのたのしい暮らし』渡辺 優

睡眠科学の専門家が提案!“ぐっすり眠るための絵本”【おすすめ本】_1
自分の常識が他人にとっては常識でなく、他人の常識は自分にとって未知のものだったりする。そんな「身近にある異世界」をテーマに書かれたこのエッセイ集を読むと、なんだかムズムズする。「わっかるー!」と共感したり、解せないな……とページをササッとめくったり。でも、自分が楽しいことが重要なんだ。そう思わせてくれる一冊。(ホーム社 ¥1500)

『ねむたい こいし 読むだけで眠たくなる絵本』〈著〉アリス・グレゴリー、クリスティ・カークパトリック 〈絵〉エレノア・ハーディマン 〈訳〉鹿田昌美

睡眠科学の専門家が提案!“ぐっすり眠るための絵本”【おすすめ本】_2
リモートワークが続き、思いっきり体を動かしたりする機会が減っている分、ぐっすり眠れないという人も増えているのではないだろうか? そんな人にすすめたいのが、睡眠科学の専門家が提案する“ぐっすり眠る”ための絵本だ。物語の間にリラックスする方法なども書かれていて、毎日のリセットにももってこい。気負わずに試してみて。(かんき出版 ¥1600)

『熊猫的時間』菅野ぱんだ

睡眠科学の専門家が提案!“ぐっすり眠るための絵本”【おすすめ本】_3
笹を食べてゴロゴロして、モフモフな体で癒しを提供してくれる。そんなパンダたちの“リアル”な日常を切り取ったのが、この写真集。中国・四川省のパンダ保護研究センターを中心に撮影され、日本ではなかなか見ることができない彼らの集団生活の様子もうかがえる。マイペースなパンダたちの時間に入り込めば、イヤなことも忘れられるはず。(ハガツサブックス ¥2000)

Ranking