忙しくても大事にしたいのに…。〝仕事と友情のバランスに迷ったときに効く〟お仕事名言とは?【はあちゅうのお仕事名言博物館】

会社員&フリーランスとして働いてきた作家が、自身の経験した〝仕事にまつわる名言〞を紹介します。
仕事にトラブルはつきものですが、仕事後に大事な予定が控えている時のトラブルほど非情なものはありません。たとえ記念日じゃなくたって、社会人にとって一回一回の飲み会はお互いにほかの予定をやり繰りして工面した大事な約束。その約束を自分の仕事の都合で飛ばしてしまうのは、都合をつけて来てくれた相手に悪い。だから、飲みの約束をした日は時間どおりに参加できるようあらゆる工夫をして仕事を終わらせるようにしているのですが、それでも起きてしまうのがトラブルというわけで……。ある日、飲み会の約束をしていた前日に仕事でトラブルが発生し、にっちもさっちもいかなくなってしまったことがありました。

仕事と友情どっちを取る? 自問自答の末に……

ドタキャンするよりは、なんとかして数時間仕事を抜けられないか。そんなふうに思ってはみたものの、この状況ではたとえ飲み会に行っても楽しい気分では飲めない、という迷いもありました。あれこれ悩んでいた時、私の事情を察した友人のほうから「明日、無理しないで。キャンセルしよう」と言ってくれたんです。彼女だって、あらゆる都合をつけてその時間を確保してくれていたにもかかわらず。その時に彼女が言ってくれた言葉……、「私たちは無理して会う関係じゃないじゃん。お互い、気持ちよく会える時に会おうよ」。――この言葉がどんなに心に染みたことか! 今月はこちらを “お仕事名言”にさせていただきます。

約束を守るのが友情ではなく、相手を思いやるのが友情

彼女の気遣いのおかげで約束を守ることに必死になっていた心がほどけて、友達っていいなと心から思えました。約束を破ると、ふたりの間の信頼関係に傷がついてしまうと恐れていたのですが、相手に遠慮せずに事情を言うことや、それを言っても友情は壊れないと信じることが本当の信頼関係ですよね。 私は、友達との約束も仕事の約束と同じくらい大事だと思っていますが、そのせいで自分にも相手にもプレッシャーをかけていて、もしかしたら相手にとって窮屈な存在になってしまっていたかもしれません。このことで、相手に事情があって約束が守れない時には許してあげられる自分でいたいな、そういうことも打ち明けやすいやわらかさをまとっていたいなと思えたんです。相手を許すことは自分を許すことにもつながるし、逆もしかり。仕事を持っている同士、お互いを許しあえる友人関係を築いていきたいものです。
●はあちゅう
作家・コラムニスト。初短編集『通りすがりのあなた』(講談社)が絶賛好評発売中。公式ツイッター&インスタグラム■@ha_chu

モアの連載をまとめた『はあちゅうの恋愛名言博物館』、大好評発売中!

モア12月号

Ranking

もっと見る

Movie

MORE12月号、発売中!