通勤に、休日に。over25歳のおしゃれにちょうどいいバッグは、この8ブランドにある 記事Photo Gallery

アニエスベーボヤージュの新作バッグ

1/8

ジャンニキアリーニのトートバッグ

2/8

通勤に、休日に。over25歳のおしゃれにちょうどいいバッグは、この8ブランドにある 記事Photo Gallery_1_3

3/8

オフィスコーデにちょうどいい秋のバッグ

4/8

注目ブランドOADのバッグ

5/8

おしゃれ度が上がるヴァジックの新作

6/8

トレンド感ナンバーワンはヤーキの新作バッグ

7/8

通勤コーデに似合うポールスミスのA4サイズバッグ

8/8

■agnès b. VOYAGE■
ブランドらしい“グッドガール”な雰囲気にロックな味つけをした今作も見逃せない☆端正な四角い形のフラップバッグは、持ち手にスタッズをあしらってナイスなギャップを。おしゃれを加速させるくすみブルー。
外ポケット2 。内ポケット2 。バッグ(27×36× 7 )¥52000/アニエスベー(アニエスベー ボヤージュ) ワンピース¥30000/ショールーム セッション(ジャン_ヌレ) カーディガン¥34000(エンリカ)・靴¥46000(ネブローニ)/フラッパーズ イヤリング¥10000/シップス 有楽町店 時計¥27000/ルーチェ(ポーリン)
■GIANNI CHIARINI■
シンプルながらも色気と華やかさのあるデザインは、フェミニン派が熱く支持!
(右)牛革のスムーズな質感が上品なトート。ずっと愛せるシンプルなデザインこそ、質のよさにこだわるのがモア世代の選び方。ポーチつき、直営店限定品。(22×29.5×10)¥29000
(左)こっくりカラーとカチッとした台形フォルムは、まさにレディのためのバッグ。旬のベリー色で、今っぽさもしっかり押さえて。内ポケット3 。(20.5×29×11)¥46000/ジャンニ キアリーニ 銀座店
■TOFF&LOADSTONE■
アンティーク風のこなれたルックスが今どきのおしゃれに合うと人気!
(上)リザードの型押しを施した高級感あふれるレディな見た目。でもやわらかなピンクベージュだから、装いにちゃんとなじむ。内ポケット2 。「ジョリーリザード]
(21×29×12)¥35000
(下)ころんとしたフォルムと、キャンバス地にのせたプリントがクラシカルな魅力たっぷり。“懐かしいが今っぽい”な旬のテンションにもマッチ。内ポケット3 。「ハイエンド19ボストン」(16×23×12)¥33000/T&L(トフ アンド ロードストーン)
■MODALU■
知性を感じる見た目だけでなくこだわりの使いやすさにも定評が。つややかなブラックのボディに、大人っぽさが引き立つシンプルなデザインが、お仕事ガールにぴったり。長めのワンハンドルは、肩にかけた姿にどこかラフでこなれた印象をくれるから立ち姿までおしゃれに。
外ポケット1 、内ポケット3 。バッグ(29×32×13)¥29000/ティースクエア プレスルーム(モダルー) ジャケット¥15000・スカート¥7990/プラステ ニット¥17000/ショールームセッション(アダワス) 時計¥14500/ルーチェ(クラーフ)
■OAD NEW YORK■
N.Y.ブランドならではのモダンなデザインが特徴。新作は優しいトーンで女っぽさも加わって。
(右)アイコンでもある、ポケットを表面に出した遊び心あるデザインは、実用性も◎。大人の可愛いを体現するようなローズカラーにもきゅんとする。外ポケット3 。(20×21× 8 )¥50000
(左)アートな半円シェイプは、持つだけでおしゃれを叶える。服になじみやすいトープカラー。内ポケット2 、外ポケット1 。(22.5×27×10)¥63000/ショールーム セッション(オーエーディー ニューヨーク)
■VASIC■
勢いに乗った話題のブランドはちょうどいい“こなれ”がお得意。
(黄色)ミニマルなデザインと目を引くカラーの対比で“普通”にならない印象的なトート。外ポケット1 、内ポケット1 。「RESTY MINI」(20×31×15)¥51000
(茶色)旬の服に似合うモダンなルックス。長財布も入る確かな収納力。外ポケット1 、内ポケット2 。「CITY」(20×23× 8 )¥45000/コード(ヴァジック)
シャツ¥12800/エムケースクエア(マノン) スカート¥35000/ボウルズ(ハイク) 靴¥23500/ダイアナ 銀座本店 イヤリング¥7000/パティエラ メガネ¥34000/オリバーピープルズ 東京ギャラリー ヘアピン/ヘア&メイク私物
■YAHKI■
“今っぽさ”を押さえるのが上手なブランドの新シリーズは、スタッズがキーデザイン。バッグの縁を飾るスタッズが、ミニマルなデザインに今どきなテンションをプラス。カジュアルコーデの都会的なアクセントとして持ちたい。
内ポケット1 。バッグ(26×24×10)¥22800/ショールーム セッション(ヤーキ) コート¥23500/スローブ イエナ ルミネエスト新宿店(エミアンドポール) カーディガン¥6990/プラステ パンツ¥11000/ビームス 新丸の内(ビームス ライツ) 靴¥25000/フラッパーズ(カルツァイウオーリ・フィオレンティーニ)
■Paul Smith■
おしゃれ意欲をかきたてる“クラシック”と“ひねり”のバランスが今季も絶妙!
(右)旬をとらえたパープルは、しっとりとした深みのトーンでさまざまなシーンで持ちやすく。持ち手部分の色を変え、王道のトートにこそひとくせを、が粋。内ポケット3 。「カラーブロックハンドル」(26×33×13)¥33000
(左)アートな留め具がアクセント。小さいながらもマチがあって実用性も忘れない。内ポケット2 。「レジンTバーバッグ」(19×25×12)¥40000/ポール・スミス リミテッド(ポール・スミス)
撮影/新田君彦(モデル) 坂田幸一(製品) ヘア&メイク/沼田真実(ilumini.) モデル/内田理央(モア専属) 西本有希 スタイリスト/辻村真理 撮影協力/アワビーズ TITLES バックグラウンズ ファクトリー
●本文中( )内の数字は編集部で計測したバッグのサイズ(縦×横×マチ)で、単位はcmです

Ranking

もっと見る

もっと見る