モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは? 記事Photo Gallery

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_1

1/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_2

2/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_3

3/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_4

4/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_5

5/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_6

6/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_7

7/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_8

8/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_9

9/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_10

10/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_11

11/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_12

12/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_13

13/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_14

14/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_15

15/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_16

16/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_17

17/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_18

18/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_19

19/20

モア編集スタッフが年始のセールで買いたいアイテムは?  記事Photo Gallery_1_20

20/20

【PART1】スタイリスト・大平典子さんは「レイヤードを楽しむための服」を買う

▶︎▶︎パステルカラーのフーディ
「“真冬にあえてのパステルカラー”も、ボーイッシュなフーディならもっと可愛い。プリーツスカートもまだまだいけちゃいます」
パーカ¥12000(ヴォート メイク ニュー クローズ)・イヤリング¥11000(ジェーン スミス)/UTS PR カットソー¥1500/ユニクロ スカート¥11000/ルクールブラン 靴¥27000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥35000/オルサ(オルセット) スカーフ¥7800/フラッパーズ(マニプリ)
【PART1】スタイリスト・大平典子さんは「レイヤードを楽しむための服」を買う

▶︎▶︎ボウタイブラウス
「クルーネックニットの胸もとにも、新しいレディなアクセント。ほら、気分が変わります」
ブラウス¥18000/ミミ&ロジャー ニット¥21000/アーバンリサーチ 神南店(アール ジュビリー) スカート¥9900/ユナイテッドアローズ グリーンレーベル リラクシング 自由が丘店 バッグ¥135000/アナディス 帽子¥5000/シップス 渋谷店 イヤリング¥1300/お世話や リング¥7200/UTS PR(ルフェール)
【PART2】スタイリスト・石上美津江さんは「抜け感になる女っぽいアイテム」を買う

▶︎▶︎白のレースブラウス
「女性らしくもあり、りりしくもあるレース。ほっこりしがちなトラッドも、秋冬さんざん着たチェックも。ここにきてぐっと表情が変わる気がします」
ブラウス¥16000/ヌキテパ 青山 コート¥49000・パンツ¥22000/アッシュ・スタンダード アトレ恵比寿店 帽子¥5000/CA4LA ショールーム イヤリング¥10000/チャオパニック・カントリーモール リング¥24000/パリゴ 丸の内店
【PART2】スタイリスト・石上美津江さんは「抜け感になる女っぽいアイテム」を買う

▶︎▶︎レオパード柄の小物
「小面積できかせるレオパード柄の小悪魔的な可愛さはまさにおしゃれのスパイス。小物なら“着こなし”を新たに考える必要もないので、最後の買い足しにぴったりです」
バッグ¥29000/パリゴ 丸の内店(クリスチャン ヴィラ) ニット¥26000/バトナー シャツ¥13000/HUMAN WOMAN パンツ¥26000/TICCA 靴¥17000/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) カチューシャ¥600・ネックレス¥1900/お世話や ソックス¥800/タビオ(靴下屋)
【PART3】スタイリスト&ライターのラス買い作戦!

ライター・野崎久実子さんは▶︎▶︎ハーフジップのトップスを買う

“「スポーティ」は春につながるトレンド”だから 「今足りないものよりこれからの流行や気分を意識したほうが買物って楽しいと思うので。タートルに重ねて、ちょっと“ダッド”(=おじさん)な野暮ったい感じが可愛いです」(野崎さん) ¥6800/ハイ! スタンダード(ギルダン)
【PART3】スタイリスト&ライターのラス買い作戦!

スタイリスト・辻村真理さんは▶︎▶︎トマトレッドのタイトスカートを買う

“どんな色に合わせても見た目も気持ちもしゃんとする”から 「深い赤ではなく、オレンジがかった赤は春にもつながる色。黒やブラウンの手持ち服も昨日より素敵に見えるはずです」(辻村さん) スカート¥49000・バッグ¥49000(2点ともエアロン)・ニット¥59000(アバティ)/コロネット コート¥89000/ビショップ(アンフィル) 靴¥27000/ゲストリスト(ルチェンティ) イヤリング¥2900(mimi33)・ゴールドリング¥1700・シルバーリング¥2900(2点ともアネモネ)/サンポークリエイト ソックス/スタイリスト私物
【PART3】スタイリスト&ライターのラス買い作戦!

ライター・鈴木絵美さんは▶︎▶︎白のタートルカットソーを買う

“超ベーシックなのに手持ちのニットに変化がつく”から 「私の“ラス買い”はベーシック回帰。絶対使えると安心できるもの以外はいりません。年齢を重ねて好きな服のテイストは決まってきているから、がらりと変えるよりは“ほんの少し”変化をつけたいんです」(鈴木さん) 〈メンズ〉¥9500/ビショップ(ハンドバーク)
【PART3】スタイリスト&ライターのラス買い作戦!

スタイリスト・高野麻子さんは▶︎▶︎ニットベストを買う

“袖のあるニットにはもう飽きちゃった(笑)”から 「ロングカフスのシャツと合わせて。こんな“冒険”コーデも今だからしたいんです」(高野さん) ベスト¥22000/メイデン・カンパニー(リッチモンド ニットウェア) シャツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店 パンツ¥19000/ゲストリスト(レッドカード) 靴¥19500/カルネ(ダニエラ&ジェマ) バッグ¥15000/エル レザー ピアス¥1600/サンポークリエイト(アネモネ) リング¥3200/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店 ソックス¥1200/タビオ
【PART4】モア編集スタッフは、コレを買う!

編集Aは▶︎▶︎ウエスタンブーツを買う

“着慣れたスカートが見違える”から 「とにかく手持ち服を新しい気分で着てアガりたい。だから、スカートがメインだった今年のラス買いはコレ。靴って服より“飽きない”ので今から買うトレンドとしてもぴったりだと思います」(編集A) ¥24500/ダイアナ 銀座本店
【PART4】モア編集スタッフは、コレを買う!

編集Oは▶︎▶︎ノルディック柄ニットを買う

“考えなくていいニットは救世主”だから 「柄ニットって季節の初めは『着回せるかな?』なんて躊躇しがち。でもこれからは、毎朝組み合わせを考えなくても決まっちゃうこんなニットがどれほど救いになることか!」(編集O) ¥29000/ショールーム セッション(ジャン_ヌレ)
【PART4】モア編集スタッフは、コレを買う!

編集Cは花柄ティアードワンピースを買う

“一周まわって「甘い服」が可愛いと思える”から 「最近は大人っぽさやシックさばかりをよしとしてきたせいか、今、“甘い服”が恋しくて。もちろん大人っぽいものを選ぶんですけど(笑)」(編集C) ¥25000/ナノ・ユニバース カスタマーサービス(ヌキテパ×ナノ・ユニバース)
【PART4】モア編集スタッフは、コレを買う!

編集タカドは▶︎▶︎ざっくりロングニットを買う

“やっぱりこれがいちばんモテる(笑)”から 「『デートの約束があるからその時着ていく服が欲しいなぁ』とか、今の時季の買物にはそういうピンポイントの目的とかモチベーションが大事だと思うんです(笑)」(編集タカド) ¥38000/ショールーム セッション(アダワス)
【PART4】モア編集スタッフは、コレを買う!

編集Wは▶︎▶︎『ヴァジック』のキューブ型バッグを買う

“MOREで「小物大賞」を取った”から 「MORE1月号で『小物大賞』に選ばれたブランド。ひとつで本当にコーデがこなれるおしゃれ感を目の当たりにして、最後の最後でも絶対買おうと決めました」(編集W) ¥30000/コード(ヴァジック)
【PART5】スタイリスト森由美江さんに聞く、セールの極意6ヵ条

Q 初日に行くべきですか? 
 具体的に狙いのアイテムがあるなら絶対初日。何かいいものがあれば、という人は2日目以降にゆったり回るのもオススメ。とにかく安く買いたい人は終わり頃がいいですね。

 今年のセールでいちばん早くなくなってしまいそうな、ガチで戦うべきアイテムはなんですか?
 チェックコートやスポーティなダウンなどのアウター系。まだ買っていない人はむしろラッキー(笑)。

 安くなっているからとついつい買ってしまい、結局着ない服が多いです。セールで“買ってはいけないもの”はありますか?
 コートが着られないほど地厚のニットや派手すぎるネオンカラー。手持ち服と合わせたところを思い浮かべて、週1しか出番がなさそうなものは心を鬼にして避けてください。

「『みんなが着てるトレンド服じゃつまらない』と感じる人は、こんな隠れヒットアイテムを探しませんか? 寒さが増す1月〜2月の防寒と、この冬限りでも後悔しない値段。実用性もバッチリなんです」(森さん)
¥12900/ユニクロ
【PART5】スタイリスト森由美江さんに聞く、セールの極意6ヵ条

 開始直後の時期に買ったほうがいいものと、最終セールでさらに値下げされた時に買ったほうがいいものの違いがあれば知りたいです。
 開始直後のほうがいいものは多いので、前から欲しいと思っていたものや春先まで着られそうなもの。最終セールはコートやカシミアニットなど、もともと高額なものでいいと思うものが見つかればお得です。

 衝動買いが苦手でどうしても悩んでしまいます。そんなお買物慎重派に、セールをうまく使いこなすためのアドバイスをください。
 「一点しか買わない」や「予算1万円」など自分なりのルールを決めてから行きましょう。ルールに当てはまらないものは徹底的に却下!

 セールに参戦する時にオススメのコーディネートはありますか?
 ボトム狙いであれば、合わせたいトップスを着て合わせたい靴をはいていってください。逆にトップス狙いなら、いちばん出番の多いボトムを。そうしないと、いざ着ようとした時に手持ち服と合わずお蔵入りになるか、その服に合う服をさらに買うことになってしまうという“セールの無限ループ”にはまってしまいます。コワ〜(笑)。あ、もちろんワンピースは御法度です!

間違いなく可愛いのに汚れだけが気になる真っ白のダッフル……もこの値段なら!
コート¥24000/アパートバイローリーズ Gジャン¥15000/ゲストリスト(ヘルシーデニム) ニット¥13800・バッグ¥52000/ビショップ スカート¥3490/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい 靴¥42000/ダイアナ 原宿店(ダイアナ ロマーシュ) 帽子¥13000/CA4LA ショールーム ピアス¥2280/サンポークリエイト(アネモネ)
【PART6】スタイリスト森由美江責任編集、ルミネ新宿の“セールの歩き方”

ルミネ新宿に通い続けて15年。セールでのお買物上手さに定評のある、"教授"ことスタイリストの森由美江さんが、ルミネ新宿のセールの歩き方を徹底的に教えます! 

★POINT★

・ルミネ2→ルミネ1の順でまわるべし!
(ルミネ2で“今だけでもいい”トレンド服を楽しく買った後、ルミネ1では“長く着たい”定番服をじっくりと)
【PART6】スタイリスト森由美江責任編集、ルミネ新宿の“セールの歩き方”

絶対目移り! だから絶対下見!

1.フレイ アイディー
2.LAGUNAMOON
3.スナイデル

「入ってすぐの“魅惑のロード”でまずは今の気分ど真ん中のアイテムを。この3店は全部が本当によくできてるので、下見をして狙いを絞っておかないと大変(笑)」(森さん、以下同)

▼▼▼ お仕事服を“賢く”ゲットしよう
4.ジュエルチェンジズ
5.アーバンリサーチ ロッソ

「ぐるりとフロアの反対側へまわり、次はこの2店できれいめお仕事服をチェック。『ジュエルチェンジズ』はお招ばれワンピ、『ロッソ』はバッグも充実していて隠れたオススメです」

▼▼▼ 春まで着られる服をチェック
6.ミラ オーウェン
「くすみカラーや柄のスカート、スポーティ気分のトップス。トレンドをさりげなく落とし込むのが上手なブランドだけに、最後にここで春まで着られそうなものをゲットすれば完璧!」

▼▼▼ 余力があれば、最後に靴を
7.ル タロン グリーズ

「『グリーズ』ラインのオンリーショップは全国でこのルミネ新宿にしかありません。普通すぎないモード感のある靴がそろうので、セール価格なら何足も欲しくなってしまいそうです」
【PART6】スタイリスト森由美江責任編集、ルミネ新宿の“セールの歩き方”

穴場“ひと息”スポット 
ハンド ベイクス(3階)

「フルーツタルトがおいしくて、ランチプレートがお得なカフェ。お店に奥行きがあって実は席数が多いので、意外とスッと入れるんです」
【PART6】スタイリスト森由美江責任編集、ルミネ新宿の“セールの歩き方”

なんならここに、全部ある(笑)

1.イエナ

「お店に入って左側にきれいめ服、右側にはカジュアル服が並んでいるイメージ。ここで何に惹かれるかで自分が何を欲しいのかがクリアになる。だからルミネ1はここから見るんです」

▼▼▼ 何枚でも欲しいニットはこちらで
2.シンゾーン

「ラス買いに欠かせない質のいいニットは絶対にここで。デニムなど“セール対象外”の誘惑も大きいけれど(笑)、それもまたいいんです。今年リニューアルして試着室も増えました」

▼▼▼ イケてるブランド、そろってます
3.デミルクス ビームス

「入って左のゾーンには『オーラリー』や『アンスクリア』など人気ブランドがズラリ。定価ではちょっと高いけど、安くなっていたら超ラッキー。それを狙うのも賢いセール攻略法です」

▼▼▼ 『MACPHEE』って最強です
4.TOMORROWLAND

「シルエットのきれいさに定評のあるコートやパンツなど。仕事も休日も、今も来冬も。絶対間違いないものが買えて満足度が高いから、『MACPHEE』を見て締めくくるのがベスト!」
【PART6】スタイリスト森由美江責任編集、ルミネ新宿の“セールの歩き方”

穴場ひと息スポット
FAR EAST BAZAAR(6階)

「通路から死角になっているせいかカフェスペースがあるって意外と知られていなくて。セールで熱くなった体にジェラートが心地いいです」

Ranking

もっと見る

もっと見る