いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_1

1/9

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_2

2/9

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_3

3/9

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_4

4/9

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_5

5/9

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_6

6/9

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_7

7/9

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_8

8/9

いろんな意味で「おいしい色」がこの春マスト! オレンジ、イエロー、ミントでフレッシュガールになりたいの♡ 記事Photo Gallery_1_9

9/9

女っぽい服なら、素材はリネンかサテンにする
「notコンサバ、butきれい」な素材選びがカギ! 春に似合うオレンジも注目の色。ふわっと風に揺れる柔らかさ、暖かい日差しで輝く光沢感……同じく新しい季節に心地いいラフな素材で取り入れたら、お出かけの日の足取りはもっともっと軽くなる!
リネン調の素材は、きれい色が派手になりすぎないからセットアップにも挑戦できる。
シャツ¥7800・スカート¥8800/ミラ オーウェン カットソー¥990/アース ミュージック&エコロジー 新宿ミロード 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥12800/アーバンリサーチ 神南店(マルコ ロッシ) スカーフ¥14000/ビショップ(マニプリ) ピアス¥21000/ボウルズ(ハイク)
ブラウンのパンツと、ブラウンのニットと
ミント色のニット。迷ったらコレ、でいい、間違いのない色合わせ。冬に買ったブラウンのアイテムは、春色とも好相性! 黒よりも軽やかになるし、ネイビーより女っぽくなるから、新しいきれい色は手持ちのブラウンと合わせればいい。いちばんやさしくて、いちばんおしゃれな方程式♡
甘いミントのニットとビターなブラウンのパンツ。女の子なら誰もが“ハマる”配色。
ニット¥11000/アーバンリサーチ 神南店 タンクトップ¥9900/ショールーム セッション(アール ジュビリー) パンツ¥17800/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) 靴¥17000/SANYO SHOKAI(マッキントッシュ フィロソフィー) バッグ¥12000/リエス(カテリーナ ベルニ) イヤリング¥9200/カージュ ルミネエスト新宿店(ベベ)
ブラウンのニットに合わせると、イエローはちょっと知的になる。ヘルシーさ満点のスカートをレディに着こなして。
ワンピース¥27000/ショールーム セッション(マリハ) ニット¥28000/スローン 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥38000/ビショップ(ブレディ) ピアス¥13000/アーバンリサーチ 神南店(ローラ ロンバルディー)  リング¥16000/フラッパーズ(シー)
真っ白なアウター、真っ白な靴とバッグと
ミントカラーアイテムでできる、憧れの“カッコいい人”になるための最短ルートは、+白!
ミント色に染まったロマンティックなレースドレスに、大きめの真っ白なGジャンとローファー。着るだけで心躍るような着こなし。
ワンピース¥31000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン) Gジャン¥32000・ピアス¥24000/ボウルズ(ハイク) 靴¥26000/ドゥエ パッシ ペル ウォッシュ ルミネ横浜店(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥9500/ジネス ペリエ千葉店(クリスチャン ヴィラ)
きれいな色と白の組み合わせはいつだって春の定番だけど、今年はクリーミーな白じゃなくクリーンな白をきかせたい。オレンジ色のニットを着た日はぱっと明るく、ぴりっとカッコよく。大人になったからこそ似合う、そんな色合わせを楽しんで。
バッグもネイルも白。ニットとチノのワンツーを“普通すぎるコーデ”にしないコツ。
ニット¥2900/センスオブプレイス バイ アーバンリサーチ キュープラザ原宿店 パンツ¥8900/ノーク 靴¥29000/エスストア(シー)  バッグ¥40000/コード(ヴァジック) イヤリング¥1500・シンプルリング¥1200/お世話や 2連風リング¥11000/フラッパーズ(シンパシー オブ ソウル スタイル)
ストライプ柄で“さりげなく”取り入れる
合わせやすさと目新しさ、どっちも叶うなんて! よくあるブルーじゃない、クリーミーなイエローベースのストライプ柄にひと目惚れ。ポップで楽しくて、それでいて清潔感もちゃんとある、どこにだって行けるから毎日だって着たくなる。
ストライプ柄は秋冬のチェックに変わる平日も休日も使える見逃せないトレンド。春色ストライプのシャツは、お堅い通勤服は楽しく、ラフな休日服は上品に変えてくれる。腰が隠れるくらいの長め丈、ノーカラー、ディテールも今どきで惹かれる。
シャツ¥14800/ビショップ(ジムフレックス) Tシャツ¥13000/インターリブ(サクラ) パンツ¥27000/FUN.Inc(アイロン)

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る