置きカーデを"新しいカーディガン"にしてきれいな色気を手にしたい。記事Photo Gallery

置きカーデを"新しいカーディガン"にしてきれいな色気を手にしたい。記事Photo Gallery_1_1

1/6

置きカーデを"新しいカーディガン"にしてきれいな色気を手にしたい。記事Photo Gallery_1_2

2/6

置きカーデを"新しいカーディガン"にしてきれいな色気を手にしたい。記事Photo Gallery_1_3

3/6

置きカーデを"新しいカーディガン"にしてきれいな色気を手にしたい。記事Photo Gallery_1_4

4/6

置きカーデを"新しいカーディガン"にしてきれいな色気を手にしたい。記事Photo Gallery_1_5

5/6

置きカーデを"新しいカーディガン"にしてきれいな色気を手にしたい。記事Photo Gallery_1_6

6/6

【“一枚で着て決まる”新しいカーディガン4つの条件】
▶︎ゆとりあるVネックか、逆に首もとまできゅっと詰まったクルーネック
▶︎丈は少し短め
▶︎体によりそう細身なボディ
▶︎ベージュやカーキ、ブラウン、朱赤のニュアンスカラー

女性らしいやわらかなベージュカラーに、鎖骨がきれいに見える絶妙なVネックのラインからのぞく、デコルテの肌感。「カーディガン×きれい色のスカート」の定番通勤コーデにも、ハッとするムードが自然と宿る。
カーディガン¥8800/ココ ディール スカート¥1990/ジーユー カチューシャ¥200/お世話や ピアス¥30000/TOMORROWLAND(イヴィ) ネックレス¥12000/リフラティ シップス ルミネ横浜店(パール インターナショナル)
(右)上品なオフホワイトに、体のラインをしなやかに演出するウエストのリボン。控えめに、されど確実に女っぽさが手に入る。¥14000/セルフォード 新宿ルミネ1店 
(中)裾の切替えでちゃっかり腰高見え。鎖骨、肩、ウエスト、すべてがきれいに見える絶妙設計に脱帽! ¥5980/バロックジャパンリミテッド(マウジー) 
(左)旬のブラウンがかったオレンジで、首もとからのぞく肌にさえ、じゅわっと色気のある温度が。¥12800/パリゴ 丸の内店(オーベル)
❤︎タンクトップをあえてはさむ
あからさまな鎖骨見せよりも、ついつい目がいくトリック。インの一枚で肌を見せる部分を減らす。印象もバランスもよくなる、新・デコルテ事情。
カーディガン¥24000/ショールーム セッション(アダワス) タンクトップ¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) イヤリング¥11000/アルアバイル(ドミニク・デナイブ・パリス)
❤︎見える〝かも〟な、透け具合
うっすら感じる肌感こそ、大人の魅せ方。印象的なトレンドカラーは肌がやや透ける素材を。強すぎず、でも印象には残るちょうどいいあんばいに。華奢なキャミを合わせれば、カーデにも春の軽やかさと抜け感が加わる。
カーディガン¥11000/アンティット キャミソール¥13000/プラージュ 代官山店 ピアス¥30000/TOMORROWLAND(イヴィ)
❤︎〝ベルトを締める〟というひと手間
腰位置が高く、ウエストも細く。錯覚も味方につけて! 細身なラインに細い黒ベルト。タイトなエッセンスをちりばめてシャープな女らしさを。
カーディガン¥23000/ゲストリスト(ハウント代官山/ハウント) パンツ¥23000/グッドスタンディング(リノ) バングル¥30000/アガット ベルト¥4000/ハリウッド ランチ マーケット(サンフランシスコ)
❤︎スカーフでわざと隠すデコルテ
見えないからこその色気=大人の特権。ネクタイを締めるみたいに正面できゅっと結んで、胸もとにはラフに広げて。動くたびにチラリと現れる、そんな鎖骨にドキッ。ベージュトーンで合わせれば照れずにまとまる。
カーディガン¥32000/スローン ピアス¥1600/ジオン商事(スリーフォータイム) スカーフ¥18000/グラストンベリーショールーム(ア ピース オブ シック)

Ranking

もっと見る