本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_1

1/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_2

2/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_3

3/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_4

4/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_5

5/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_6

6/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_7

7/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_8

8/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_9

9/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_10

10/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_11

11/12

本田翼がお手本! 夏の「小物足しコーデ」記事Photo Gallery_1_12

12/12

肌なじみのいい半透明のグレージュフレームに、黒にごく近いネイビーのレンズ。軽さとニュアンスある配色&丸みのあるボストン型フレームが、顔まわりに柔和さを出してくれる♡
サングラス¥49000/Continuer(アイヴァン 7285) オールインワン¥26000/ヌキテパ AOYAMA イヤリング¥21900/セシル・エ・ジャンヌ
かけた時の存在感がほどよいのが、華奢なメタルフレームのいいところ。照れないポイントは、大きすぎず小さすぎない丸型と、濃すぎないレンズの色。ワイルドでもコケティッシュでもない、“さりげないしゃれ感”が今の気分! シンプルな日も、小物で盛った日もしっくりくる♬ 長時間かけていても快適な軽いチタン素材。細身フレームと、ネイビー系レンズが洗練された印象に。
サングラス¥31000/ブルース(ヴォン) ブラウス¥5990/バロックジャパンリミテッド(スライ) 頭に巻いたスカーフ¥11000/GREED International(ベッド&ブレックファスト) イヤリング¥22900/セシル・エ・ジャンヌ
顔まわりをキリッとシャープに映す正統派なら、ブラウン系or黒、ボストンorウェリントンをチョイスして。夏らしい装いもぐんと大人っぽく! リュクスな“かけ映え”が平常心で手に入るべっ甲風デザイン。キャットアイみたいに、目尻がちょっぴりつり上がったウェリントン。ブラウンのレンズもトレンドのフラットで、去年とは一線を画すルックスに!
サングラス¥12800/コモノ東京(コモノ) トップス¥16000/ブルーブルー(フィルーズダルボー・ブルーブルー) パンツ¥6990/バロックジャパンリミテッド(スライ) イヤリング¥18000/ジュエッテ ネックレス¥1900/サンポークリエイト(アネモネ)
洗練感のある黒は、カジュアルを都会的に引き寄せるのに有効。ブリッジ&テンプルにゴールド色のメタルを配置。ゴツめの太フレームより華奢さを感じる黒なら照れないし、ちょうどいいクールさだって手に入る。
サングラス¥39000/アイヴァン PR(アイヴァン) ジャケット¥8990/アメリカンイーグル アウトフィッターズ ワンピース¥23000(リムアーク)・イヤリング¥2990(スライ)/バロックジャパンリミテッド 中に着たタンクトップ¥16000/シンゾーン ルミネ新宿店 バングル¥14000/ジュエッテ
ピアスの遊び心と、ワンピのドラマティックさがベストバランス。どこか異国感漂う雰囲気がリンクしつつ、樹脂ピアスがワンピに軽やかさをプラスしてくれる。
ワンピース¥28000/ショールーム セッション(アダワス) パンツ¥4990/ロコンド(マンゴ) 靴¥13000/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥39000/アマン(ア ヴァケーション) ピアス¥11000/TOMORROWLAND(APRES SKI) リング¥6500/ロードス(ジュール クチュール) キャミソール/スタイリスト私物

シュッと縦に長く都会的なメタルモチーフが、ふんわりシルエットのティアードワンピを大人に見せる。ネイビーのワンピにシルバーのピアスの組み合わせなら、クリーンにまとまり好印象。揺れるアートなシェイプがモードなアクセントに。
ワンピース¥48000/TOMORROWLAND(MERLETTE) 靴¥52000/エリオポール代官山(ペリーコ) バッグ¥5800/ロデスコ アーバンリサーチ ルクア大阪店(ロデスコ) ピアス¥20000/ススプレス(パソ)
素朴なリネン地にはクールなシルバーを。イヤカフのミニマムさがロング丈と相性よし。リゾート気分なワンピースをイヤカフでシティ仕様にチェンジ!
ワンピース¥12000/オンワード樫山(シェアパーク) 靴¥18000/フリークス ストア渋谷(ドクターマーチン) バッグ¥34000/MIDWEST イヤカフ(大)¥16000・(小)¥9000/UTS PR(ルフェール) ブレスレット¥5500/ビヨンクール 阪急メンズ大阪店(アンプジャパン)
バランスアップは、首もとにアクセントをつけることで叶う。ワンピースの色になじむ同系色のスカーフをタイトに巻いて知的な印象GET! きちんと見えて、よりきれいめに着られるし、顔まわりのアクセントで小顔効果も狙える。
ワンピース¥36000/ビショップ(アンフィル) ジャケット¥21000/ノーリーズ&グッドマン銀座店 靴¥13500/ダイアナ 銀座本店 バッグ¥7900/ランダ イヤリング¥7300/ロードス(ジュール クチュール) スカーフ¥2800/ハリウッド ランチ マーケット
何度か着たワンピースをイメチェンさせたいなら、即座に雰囲気が変わる頭の小物をひとつ。合わせやすいのは、部屋着っぽく見えない黒のターバン。レギンスも同色ならよりスタイリッシュに!
ワンピース¥19000/ロードス(キトル) 靴¥22000/ラ ジュンヌ ブティック(ファビオ ルスコーニ) バッグ¥18000/ブランドニュース(サラ マリカ) ターバン¥3400/ティアラ(ラ ピエス) イヤリング¥3300/サンポークリエイト(mimi33) レギンス¥4000/タビオ(靴下屋)
レディで、ほんのり甘くて。“意外性”でハッとさせて。この季節にこの色を選ぶ、それだけでおしゃれなヒロイン! 胸もとのギャザーやパフ袖のロマンティックさもサマーブラックだから心躍る。バッグもヘアバンドも全部ブラックにするだけで、「親しみやすいけど手が届かなさそう」な高見えレディに♡
ワンピース¥47000(リー マシュー)・靴¥46000(ネブローニ)/TOMORROWLAND バッグ¥45000/アルファ PR(アエタ) カチューシャ¥3000/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(マ シェール コゼット?) イヤリング¥2400/サンポークリエイト(mimi33)
イメージは、光に透けて肌まで透明感を増すような“オーガニック”なレース。ちょっと物足りないかも? という日には、キャップやエスパドリーユでスポーティ&軽やかさを追加! 華やか巾着バッグでちょっぴりやんちゃなイメージに。
ワンピース¥15000/AKTE 靴¥3600/アナトリエ ミュゼ プリヴェ アトレ恵比寿店(リラックス) バッグ¥16000/ブランドニュース(サラ マリカ) 帽子¥5800/ビショップ(サーフライン ハワイ) ピアス¥1800/サンポークリエイト(アネモネ)
肌に触れる感触も服のしわまで絵になるのも、リネンの素敵なところ。大人なカーキでほっこり見えを回避! バッグはパイソン柄、ボリュームたっぷりのゴールドピアス。「ちょっと辛口すぎ?」くらいがちょうどいい。
ワンピース¥8990/バロックジャパンリミテッド(スライ) バッグ¥22000/リエス(マルコ マージ) 帽子¥9800/アンティット(GREVI) ピアス¥43000/TOMORROWLAND(アンコモンマターズ) 太リング¥35000/UTS PR(ルフェール) 細リング¥12000/デミルクス ビームス 新宿(イリスフォーセブン)

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る