【2020年春の靴】今っぽい、合わせやすい、脚がきれいに見えるetc.スタイリストが要望別にオススメ靴を紹介! PhotoGallery

【2020年春の靴】今っぽい、合わせやすい、脚がきれいに見えるetc.スタイリストが要望別にオススメ靴を紹介! PhotoGallery_1_1

1/5

【2020年春の靴】今っぽい、合わせやすい、脚がきれいに見えるetc.スタイリストが要望別にオススメ靴を紹介! PhotoGallery_1_2

2/5

【2020年春の靴】今っぽい、合わせやすい、脚がきれいに見えるetc.スタイリストが要望別にオススメ靴を紹介! PhotoGallery_1_3

3/5

【2020年春の靴】今っぽい、合わせやすい、脚がきれいに見えるetc.スタイリストが要望別にオススメ靴を紹介! PhotoGallery_1_4

4/5

【2020年春の靴】今っぽい、合わせやすい、脚がきれいに見えるetc.スタイリストが要望別にオススメ靴を紹介! PhotoGallery_1_5

5/5

スタイリスト森由美江さんに聞く。「人気の白靴」、カジュアル派の選び方は?

カジュアル派は、服になじんでこなれる“甲深フラット”
「今年らしいやわらかなトーンの服になじむ白。ほどよくボリュームが出る甲深がカジュアル服と好バランス」(森さん)

(右)シュッととがったトウが都会的。(2.5)¥15000/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店
(中右)スクエアトウとウッドソールがちょっぴりモード。(1.5)¥17000/オデット エ オディール 新宿店
(中左)まあるいフォルムが可愛げを。(1.5)¥16500/モーダ・クレア(マーガレット・ハウエル アイデア)
(左)パンツ派にいい、ハンサムなスリッポンタイプ。(3)¥14000/グランデ(アポム ペル エンチャンテッド)
松村純子さんに聞く。「人気の白靴」、フェミニン派の選び方は?

フェミニン派は女っぽいけど抜け感ありな“白いミュール”
「今季バリエ豊かに登場するミュール。白ではけばクリーンさも加わり、凜とした女性らしさも楽しめます」(松村さん)

(上右)レトロなウッドヒール。パンツをかぶせてブーツ感覚で今すぐ。(7・2月中旬発売予定)¥20000/スナイデル
(上左)クリアな素材使いがアクセント。(5)¥28000/TOMORROWLAND(ファビオ ルスコーニ)
(下右)キャンバス使いが今季らしい。(7)¥49000/シップス 有楽町店(ペリーコ)
(下左)存在感のあるメッシュ。華奢ヒールが女性的。(4)¥17000/ディアナ ドット
春のムードが全部詰まった“ナチュラル素材の靴”
「ファッション界では“自然”が春のキーワード。靴を見ても麻、かご材、ジュートなどナチュラルな素材が目を引きます。カラートーンが茶系で合わせやすいのもいいところ。よくはく形で素材だけ刷新、が挑戦しやすいですよ」(辻村さん)

(上から)
・リネン素材がカジュアルさをもたらし、ミュールをはきやすく。(4)¥18000/オゥ バニスター 新宿髙島屋店
・厚底でも軽やか。ソールのコルクもナチュラルムードたっぷり。(6.5)¥32000/TOMORROWLAND(ファビオ ルスコーニ)
・リネン地ならポインテッドトウも背伸びしすぎずちょうどいい。(2)¥52000/TOMORROWLAND(ペリーコ)
・夏までフルで活躍する合わせやすさ。(2.5)¥14000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店
・春の訪れとともに素足ではきたい。ワンピや、デニム。リラクシングな休日服に似合いそう。(2)¥6400/ランダ
・仕事服にも合う上品な面もち。生成り色のシューレースがやわらかな雰囲気を盛り上げる。(2)¥18100/モーダ・クレア(アニエスベー)
ボトムやテイストを選ばない“バックストラップシューズ”
「この春多く登場しているデザインのひとつ。前から見れば普通のパンプスだけど、後ろにはストラップのアクセントが。その抜け感がどんなボトムにも合わせやすい理由なんです。また、きれいめな印象が強いけど、靴下を合わせればカジュアルにも振れてアレンジもききますよ」(石上さん)

(右から)
・ヒット色、ライトグリーン。後ろ姿にも素敵が宿るクリア素材のヒールに注目。(4.5)¥7900/ランダ
・なかでも万能な黒は、コンサバに転ばぬように起毛感のある素材、かつカジュアルなフラットで。(1)¥6400/ランダ
・足あたりがいい太ストラップが快適。キラッと華やぐシルバーカラー。(2)¥24000/銀座かねまつ6丁目本店
・パーツつきも今年ならではの旬。べっこう柄パーツが大人。(3・2月下旬発売)¥17000/オデット エ オディール 新宿店
・清潔感あふれるくすみブルーもいい。(2)¥18100/モーダ・クレア(アニエスベー)
・リボンの愛らしさでパイソンが優しげに。(2.5)¥47000/ティースクエア プレスルーム(ロートルショーズ)
“どこまでも脚”に見える“ヌーディカラーの靴”
「少しでも脚を長くきれいに見せたい人におすすめしたい、ヌーディカラーの靴。肌の色となじみやすいので“どこまでも脚!”が叶います。おまけにこうしたヌーディな色自体が今っぽいので特に今年ははいたほうがいいですよ!」(石田さん)

(右から)
・クールなグレージュは、リボンつきパンプスにのせて愛らしさも備えて。(4.5)¥8800/ル タロン プリュ 有楽町マルイ店
・しなやかなギャザーがおしゃれなニュアンスを生む。(4)¥13000/グランデ(エンチャンテッド)
・ヌーディカラーに加えて華奢なシルエット。ミニマムな美しさが光る。(8)¥27000/銀座かねまつ6丁目本店
・アッパー全面がシアー素材の旬を体現した一足。(3.5・3月発売予定)¥24000/LIFE's 代官山店(TODAYFUL)
・多重ストラップが、華やかなアクセントに。(5)¥16000/ピシェ アバハウス ルミネ有楽町店
・白っぽいベージュが洗練されたムードを醸すセパレートパンプス。(2.5)¥16000/オデット エ オディール 新宿店
・スクエアトウとオレンジ寄りのカラーがモダン。(5)¥6400/ランダ

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る