メガネで「小顔」も「おしゃれ」も叶う! 選び方のコツをスタイリスト高野麻子さんに聞いてみた PhotoGallery

メガネで「小顔」も「おしゃれ」も叶う! 選び方のコツをスタイリスト高野麻子さんに聞いてみた PhotoGallery_1_1

1/5

メガネで「小顔」も「おしゃれ」も叶う! 選び方のコツをスタイリスト高野麻子さんに聞いてみた PhotoGallery_1_2

2/5

メガネで「小顔」も「おしゃれ」も叶う! 選び方のコツをスタイリスト高野麻子さんに聞いてみた PhotoGallery_1_3

3/5

メガネで「小顔」も「おしゃれ」も叶う! 選び方のコツをスタイリスト高野麻子さんに聞いてみた PhotoGallery_1_4

4/5

メガネで「小顔」も「おしゃれ」も叶う! 選び方のコツをスタイリスト高野麻子さんに聞いてみた PhotoGallery_1_5

5/5

Q.小顔に見えるメガネってないですか?
A.人気復活の“太めの黒縁”が使える!
「モードな太めフレームの黒縁がおすすめ。顔全体がキュッと締まった印象になる!」(高野さん、以下同)
かけるだけでおしゃれ上級者っぽく見えるのも、人気復活の理由。スイートな服の甘さを引き締めて大人っぽく見せる役割も。
メガネ¥44000/アイヴァン 7285 トウキョウ カーディガン¥15000/AKTE Tシャツ¥3800/ミラ オーウェン スカート(参考商品)/ルーニィ イヤリング¥2300/サンポークリエイト(アネモネ)
Q.流行のカラーレンズ、女性がかけるのもあり?

A.あり! 淡い色味のものなら個性的or子供っぽく見えない。
「フレームとレンズがどちらもやわらかな色味で、色のコントラストがないものがトライしやすい」
男性を中心に注目の高まっているカラーレンズのメガネはサングラスよりも優しげで、メガネよりも個性的。コーデのアクセントになるので、女性の間でもブレイク間近。フレームとレンズの色がワントーンに近いものがエントリーモデルとして最適。
(上)ベージュ×オレンジ。¥8000(レンズ代込)/JINS
(下)透明フレームと灰色のレンズ。¥9000(標準レンズ代込)/ゾフ
Q.度の強いレンズで目が小さくなる、どうすればいい?
A.小さめのフレームを選んで。キッズタイプもおすすめ
「フレームやレンズの幅が大きいと小さい目もとを強調してしまうので、コンパクトなものを厳選しよう」
これが厚みのあるレンズでもなるべく目が小さく見えないコツ。この写真では『ゾフ』のキッズモデルを着用。コンパクトでも小さすぎないので大人の女性でも違和感なくつけられる。
メガネ¥5000(標準レンズ代込)/ゾフ Gジャン¥3990・パンツ¥2990/ユニクロ ニット¥2990/セブンデイズサンデイ マークイズみなとみらい カットソー¥2490/クラフト スタンダード ブティック プレスルーム イヤリング¥1680/サンポークリエイト(アネモネ)
Q.長時間かけていても疲れないメガネありませんか?

A.あります!高機能メガネ、どんどん進化中
「軽く、しなやかなフレームのメガネも豊富。ソフトなかけ心地だから長時間でも疲れにくい!」
(上)締めつけがない設計と素材にこだわり、ストレスフリーなかけ心地を実現。¥5000(レンズ代込)/JINS
(中・下)特殊なプラスチック素材を使用。かけていることも忘れるような軽さに驚くはず。各¥10000(2点とも標準レンズ代込)/ゾフ
Q.離れ目でも似合うものってないですか?
A.ブリッジが15㎜以上のタイプを選んでみましょう
「レンズの間が離れていることが似合う条件。10㎜幅が一般的な中、15㎜以上のものも多い!」
ブリッジと呼ばれるレンズとレンズをつなぐパーツの長さがポイント。すぐに調べられるので店員さんに聞いてみよう。
(上)¥50000/グローブスペックス ストア(ハフマンス&ノイマイスター)
(中)¥39000/blinc vase(カーニー)
(下)¥32000/モスコット トウキョウ

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る