『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_1

1/9

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_2

2/9

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_3

3/9

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_4

4/9

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_5

5/9

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_6

6/9

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_7

7/9

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_8

8/9

『レペット』や『ザ・ノース・フェイス』、『コンバース』も☆ モアスタッフお気に入りの“白いモノ”を全力レコメンド!PhotoGallery_1_9

9/9

「PCやA4ファイルも入る、ビッグサイズの都会的なキャニスター。横長にも縦長にもなるから、気分によって持ち替えて印象チェンジもできちゃう!」(編集Y)
¥6900/ゴールドウイン(ザ・ノース・フェイス)
「MOREでもおなじみ『ヴァジック』の“BOND MINI”。白いバッグをちょこんと持つだけで、いつものコーデが一気に爽やかに。軽やかな気分になれます」(副編集長Y)
¥37000/ヴァジックジャパン(ヴァジック)
「アニマルフリー、ファーフリーの素材を使った注目の小物ブランド『アドカラム』。肌ざわりもよく驚くほど軽いのに内ポケットも2個。早速スタメンバッグです」(副編集長K)
¥10000/ロードス(アドカラム)
「大人になった今こそ、いろんなコーデに合わせたいハイカット。白ならクリーンな印象のまま抜け感が出るので、きれいめパンツなどにもマッチします」(ライター・野田春香さん)
¥5800/コンバース(コンバース)
「今年スタイリストさんたちがかなりコーデに使っている“スクエアタイプ”のサンダル。きれいめなのにサバくなく、はくだけでitなコーデになる&歩きやすい!」(編集A)
¥15000/ダニエラアンドジェマ
「永遠の名品をついにゲット。可愛らしさと女っぽさがどちらも叶う&白なら大人っぽく落ち着きます。黒いマキシ丈ワンピと合わせるのがマイブームです」(編集W)
¥34000/ルック ブティック事業部(レペット)
「首を長く、鎖骨をきれいに見せてくれる絶妙な長さ。Tシャツにもブラウスにも合う、なのに2000円代だからお財布にもコーデにもやさしい」(ライター・鈴木絵美さん)
¥2500/サンポークリエイト(アネモネ)
「ダブルフェイスのヴィンテージ風腕時計は、シンプルなコーデにサラリとつけたい。スリムなボディに白のクリーンさで、手もとから知的なムードが醸しだせるはず」(編集S)
¥40500/オ・ビジュー(ロゼモン)
「手首を華奢に見せコーデのさりげないアクセントとしても活躍。マーブル調のオフホワイトが高級感を演出してくれます」(ライター・野崎久実子さん)
¥12000/スローブ イエナ 自由が丘店(スローブ イエナ)

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る