何買うの? 何着るの? MOREスタイリスト別、春のおしゃれメモ photoGallery

スタイリスト大平典子さん編

スタイリスト大平典子さんの春のお買い物計画

1/8

トムウッドのリングなどスタイリストの春の買い物計画

2/8

大きな襟のブラウス

3/8

スタイリスト大平さんが春に欲しいバレエシューズ

4/8

スタイリスト大平さんがこの春買いたいビスチェ

5/8

春に買いたいワンピース

6/8

この春ジーンズはインディゴ

7/8

スタイリスト大平典子さんが春に欲しいアーペーセーのバッグ

8/8

「ここで紹介しているアイテムは、いつもそばにある永久定番。これをベースに、どこかに甘さやひとくせを加えた着こなしがずっと好きなんです。過去には派手な色柄ものや、ワンピースしか着ないという一時的なブームもありましたが(笑)、やっぱりここに落ち着きます。とはいえ更新は必要。今季、ブラウスは大きなフリル衿のもの、バレエシューズは春色を初挑戦のブランドでセレクトしました。こういうささやかな冒険がすっと決まるのも長年信頼を寄せる定番ならでは。今どき感と安心感のバランスをうまくとりながら、春も私らしく楽しみたいです」


大平典子●今の気分をくんだ上品フェミニンなスタイリングと配色の名手。人呼んで“色の魔術師”!
ジュエリーは軽快なシルバー一択
「存在感がありつつ軽快に映るシルバージュエリーに惹かれます。武骨なのにハートのリング、どんなコーデにも似合うシンプルなチェーンネックレスは今季のマストハブ」(大平さん、以下同)
リング¥43000/ステディ スタディ(トムウッド) ネックレス¥15000/シンゾーン ルミネ新宿店(ラバー)
デニムに合わせる前提のトップス
「一枚でも、+カーディガンで衿を出しても!」
ブラウス¥23000/カデュネ プレスルーム(カデュネ)
買い足しは本格派のバレエ靴ブランドで
「優しい色合いや足なじみのよさに加え、本格的なバレエシューズに底張りをしてタウン向けに仕立てたという背景も選んだ理由です」
靴¥18000/グラストンベリーショールーム(キャットワース)
重ね着の主役はビスチェに決定
「ロンTなどシンプルなトップスにひとくせ足したい時に」
ビスチェ¥16000/ボウルズ(ハイク)
ワンピースには“甘さ”が絶対!
「忙しい朝も最短で気分が上がるワンピは、毎シーズン一枚常備。ちょい甘がタイプです」
ワンピース¥28000/カデュネ プレスルーム(カデュネ)
もの心ついた時から生粋のデニム好きです
「ワンウォッシュのインディゴが気分」
パンツ¥19000/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン)
定番色コーデにほんのりきかせたい
「淡くまろやかなグリーンは、この春気になるカラーのひとつです」
バッグ¥47000/アー・ペー・セー カスタマーサービス(アー・ペー・セー)

スタイリスト石上美津江さん編

スタイリスト石上美津江さん

1/9

スタイリスト石上さんの春の買い物のキャップ

2/9

スタイリスト石上さんが春に買いたいロンT

3/9

スタイリスト石上さんが春に買いたいワンピース

4/9

スタイリスト石上さんが春に欲しいストライプシャツ

5/9

スタイリストの春の買い物計画

6/9

春のトレンドのつけ衿

7/9

スタイリスト石上さんの春のお買い物計画のかご

8/9

スタイリスト石上さんが春ほしいレペットのぺたんこ靴

9/9

「昨年春のステイホーム期間中からたくさん映画を観ていて、その中で『E.T.』や『スタンド・バイ・ミー』、『なまいきシャルロット』に出てくる男の子、女の子のファッションにすごく惹かれたんです。たとえばビッグロゴT、半ズボン、大きなレース衿、ネグリジェみたいな花柄ワンピース……。その時は単純に可愛いなと思っただけだったんですが、そこから時間がたち、あらためて考えてみると、ほとんどが私のベーシック服! 無地一辺倒だったロンTは存在感たっぷりのロゴ入りに、チノパンはハーフ丈に、シックな配色ばかりだった花柄は、鮮やかな色合いにしても素敵かも、などなど、たまたま観た映画に、春のベーシック服をアップデートするためのヒントがもらえるというミラクルが起きてしまいました!」

石上美津江●ベーシックアイテムでつくる、可愛げを忍ばせた“MORE的フレンチシック”が毎号大好評! この春は1980・90年代の名作洋画がインスピレーション源に。
男の子っぽい“はずし”に投入
「野球帽とはひと味違う、どこか懐かしい佇まいがたまりません」(石上さん、以下同)
帽子¥6000/メイデン・カンパニー(オールドソルジャー)
ロゴTはバックシャンなタイプが気になる
「フロントは無地、後ろに大きなロゴを載せたデザイン。古着っぽい色も気に入っています」
トップス¥14000/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン)
大好きな花柄ワンピは配色でイメチェン
「花柄は地色となじむ色味のものが好きでしたが、思いきって色を楽しむのもありかなと」
ワンピース¥43000/シップス インフォメーションセンター(ミィ)
今季は無地よりもストライプ柄!
「王道のホワイトシャツから更新予定」
シャツ¥17800/シンゾーン 表参道店(ザ シンゾーン)
久々にひざ下を出したい気分に
「映画を観ていなかったらハーフ丈パンツをはく選択肢はなかったかも。まずは愛着のあるチノで」
パンツ¥21000/グッドスタンディング(リノ)
+ガーリーなつけ衿でボーダーに鮮度を
「秋冬から公私ともに活用していたつけ衿をこの春も。オーバーサイズのボーダーで楽しみたい」
つけ衿¥11000(バイオレット フォー シップス)・トップス¥15000(ネプラ フォー シップス)・
子ども部屋にあるようなビッグかごにひと目惚れ
「コーデにもインテリアにも使えそう」
バッグ¥8000(オンブル クレール)/シップス 渋谷店
愛してやまない『レペット』も春ムードへ
「小さな女の子がはいていそうな可愛さ♡」
靴¥39000/ルック ブティック事業部(レペット)

スタイリスト高野麻子さん編

スタイリスト高野麻子

1/7

チラ見せに使えるタンクトップ

2/7

スタイリスト高野さんが春欲しいニット

3/7

スタイリスト高野さんの春のお買い物計画

4/7

野暮ったさが可愛い帽子

5/7

スタイリスト高野さんが春欲しいスクエアトウのサンダル

6/7

スタイリスト高野さんが春買いたいサロペット

7/7

たかのあさこ●読者に寄り添う視点を持ちながら、メンズ服MIXなど遊びのあるカジュアルコーデも得意!

「2020年を通して、私にとっておしゃれはモチベーションアップに不可欠ということを強く実感。それと同時に、周りの目よりももっと自分の“好き”に素直に、もっと自由になっていいんじゃないかな? という気持ちに。そんな私がこの春気になっているのは、懐かしかったり、いい意味で野暮ったさやキッチュさを感じるアイテム。なんとなく“わが道を行く”感じが、しっくりくるんです」
タンクトップのチラ見せは小粋なカラーで
「ブルーグリーンの絶妙な色合いが好みです。透けるニットやブラウスからふんわりきかせたい!」(高野さん、以下同)
タンクトップ¥6000/グーニーPR(ヤングアンドオルセン ザ ドライグッズズトア)
どこか懐かしいデザインに夢中!
「このレトロさに心奪われました。デニムのミニスカートで思いきりガーリーに振りきっても♡」
ニット¥28000/アンデコレイテッド
おもちゃっぽいルックスに♡
「大粒のパールリングはフォーマルじゃなく、プレイフルな雰囲気で気さくに身につけたい」
リング¥100000/チェリーブラウン
この“野暮ったさ”が刺さります
「パフ袖のブラウスや白いレースワンピなどに合わせても、ファンシーになりすぎないところがいい」
帽子¥8900/メゾンドリリス
スクエアトウはこの春も注目
「今っぽいけど懐かしくもある。春靴もそんな顔立ちに注目しています」
靴¥16000/ゼア オンラインストア(アンヘル アラルコン)
作業着みたいな素朴さがお気に入り
「白いドレスシャツをインして、きれいめにシフトしてもよさそう」
サロペット¥35000/グラストンベリー ショールーム(ヤーモ)

スタイリスト石田綾さん編

スタイリスト石田綾さん

1/7

マスクをつけているときに頼れるアクセサリーはカチューシャ

2/7

重ね着にも使えるワンピース

3/7

足もとがおしゃれに見える靴下

4/7

メンズのユニクロのシャツ

5/7

メンズライクなシャツとパンツをラベンダー色で

6/7

モード感ある透けるボトム

7/7

お買物はいつだって失敗せずに楽しみたい。そんな時お手本になるのはスタイリストたち。流行を選び抜くセンス、リアルな着こなしに落とし込むテクニックは最高! MOREのファッション企画に欠かせない、スタイリスト石田綾さんの春のおしゃれプラン、ぜひチェックして!【石田綾さん編】

いしだあや●トレンド感がありつつ女性らしく、好感度◎。絶妙バランスなスタイリングに定評あり!
マスク生活の顔映えに!
「アレルギーで耳もとに金属系アクセをつけられない分、マスク着用中はカチューシャ頼み。辛口な黒レザーを狙ってます」(石田さん、以下同)
カチューシャ¥29000/THE HAIR BAR TOKYO(JENNIFER BEHR)
ブラックよりもネイビーがマイ定番に
「サイドスリットがけっこう深いので、ボトムを重ねて脚まわりにニュアンスを出したい」
ワンピース¥35000/ボウルズ(ハイク)
このパックソックスで足もとおしゃれに開眼!
「リブ編みとプレーンの2足セットもうれしいポイント!」
ソックス(2足セット)¥3500/シンゾーン ルミネ新宿店(ザ シンゾーン)
毎シーズンリピートしている最愛ロンT
「女っぽい服が好きな私の唯一のメンズ服で、常備服。色は白、サイズはMとLを愛用」
トップス¥1990/ユニクロ(ユニクロ ユー)
急に惹かれ始めたラベンダーカラー
「可愛らしい印象のラベンダーは、これまで手を出せなかった色。でもメンズライクなデザインなら挑戦できるかも、と思いを新たにパンツとセットアップで購入しました」
シャツ¥42000/オーラリー
大好きな“透ける服”はモードなチョイスを
「昔から大好物の透けアイテム。この春はベリー系のシュッとしたパンツで取り入れます」
パンツ¥34000/シップス 渋谷店(ウーア)

Ranking

もっと見る