『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_1

1/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_2

2/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_3

3/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_4

4/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_5

5/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_6

6/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_7

7/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_8

8/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_9

9/10

『スヌーピーミュージアム』が南町田グランベリーパークに待望のオープン☆ 限定グッズやカフェメニューもたっぷり紹介 photoGallery_1_10

10/10

『南町田グランベリーパーク』はとにかく広いので、『スヌーピーミュージアム』への行き方を。南町田グランベリーパーク駅の改札を出たら、そのまままっすぐ進みます。大きな橋を越えて突き当たりを右へ。ゲームセンターなどが立ち並ぶ「Wonder Theater」を抜けた先に、ミュージアムがどどんと待ち構えています! もし迷っても各所に楽しいショップがたくさんあるので、行き当たりばったりを楽しむのもまた一興、です♡(地図もたくさんあるのでご安心を!)

クリスマスのデートにもぴったりの『スヌーピーミュージアム』。『南町田グランベリーパーク』と合わせて、1日中楽しめること間違いなしです! 今すぐスケジュールを確認して、公式サイトからチケットをGETして☆
©Peanuts
正面の入口から入場し、まず目に入るのが「ワークショップルーム」。なんと、ぬいぐるみやトートバッグ、キャンドルや和菓子づくりなど、様々なワークショップを週替わりで開催するんです! オープン日からスタートするのは、スヌーピー型キャンドルをデコレーションするプログラム。今後のスケジュールはすでにサイトで予約受付中なので、気になる方は今すぐチェック!
©Peanuts
続いて、メインの展示に参りましょう。エレベーターか階段で3階へ上がると、まず現れるのがオープニング・シアター。壁一面をスヌーピーたちが遊びまわるアニメーションが上映され、それに導かれるように次の展示室へ……。
©Peanuts
『ピーナッツ』の作者であるチャールズ・シュルツの創作の歴史を、写真や画像で振り返ることができる「チャールズ・シュルツ・ギャラリー」(写真左上)。
2020年6/28(日)までの企画展『ビーグル・スカウトがやってきた!』(写真左下)。
大きな白い部屋に、全長8メートル(!)の巨大スヌーピーが横たわる「スヌーピー・ルーム」(写真右上)。
ソファや柱まで黄色いふわふわ素材でできた、ウッドストックをイメージした「ウッドストック・ルーム」(写真右下)。
もちろんこれだけではないのですが、見どころが多すぎて紹介しきれません!
(左上から時計回りに)ウォータードーム ¥3000、イニシャルキーホルダー 各¥800、マスキングテープ 各¥400〜、ラゲージタグ 各¥1200、ハンドクリーム 各¥800、リップクリーム 各¥800、ファイヤーキングマグ 各¥4500 ©Peanuts

展示を見たあとは、お待ちかねのミュージアムショップ『BROWN'S STORE(ブラウンズストア)』へ♡
チャーリー・ブラウンの世界をイメージした店内には、世界でここにしかないグッズばかり! 人気ブランドとのコラボアイテムも大充実です。
©Peanuts
そして、みかりんが個人的にどうしても行ってほしいと思ったのが、3階の「スヌーピー・テラス」。青々とした芝生、壁に描かれた大量のスヌーピー、そしてその反対側を向けば……、広大な『南町田グランベリーパーク』の景色を一望することができるんです! お天気のいい日は最高です♬

さて、『スヌーピーミュージアム』の紹介は一旦ここまで。お次は、隣の建物にあるカフェへ行ってみましょう!
©Peanuts
ミュージアムに隣接するアネックス(パークライフ棟)には、『PEANUTS Cafe スヌーピーミュージアム』が♡ 大きな窓からたっぷりと日が差し込む店内は、いろいろな場所にピーナッツのキャラクターが隠れているから探してみて!
©Peanuts
気になるメニューの一部をご紹介!
ピーナッツのコミックでおなじみの擬音「CHOMP!CHOMP!CHOMP!」をステンシルで描いた「PEANUTS GANG'S "DESSERT PARLOR"季節のパンケーキ」(写真左下 ¥1200)。
サラダなどを詰め込んだバスケットと、熱々スキレットに乗ったメインメニューがセットになった「BEAGLE SCOUTS' TASTY SHACK ピクニックバスケット&プレート(写真右下 ¥3800)。
可愛さもボリュームも満点♡ 写真上の「ピーナッツ・ギャング ピクニックボックス」(¥2200)は、なんとレジャーシートつき! テイクアウトして、近くにある鶴間公園で食べるのがおすすめですよ!
©Peanuts
実はカフェ内でもグッズや食品を販売しています。
瓶に入ったピーナッツバター(写真中段)や、カラフルなレモネード(写真左下)。カフェでも使われている食器(写真右下)。あられに砂糖蜜をかけたお菓子「浮き星」(写真右上)はエアパッケージに入れてもらえます。
そして、この時季ならではの「クリスマスシュトーレン」(写真左上)も発見☆ ほかにカトラリーやランチボックス、ロンTや帽子など、かなり豊富なバリエーション!
©Peanuts
田園都市線の南町田グランベリーパーク駅から、徒歩約4分。真っ白な外壁に大きなスヌーピーが描かれた建物は、シンプルなのに存在感たっぷり!

『スヌーピーミュージアム』
◆東京都町田市鶴間3-1-1
12/14(土)オープン※12/31(火)は短縮営業、1/1(水)は休館
10:00〜20:00

Ranking

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る