2.5次元舞台『刀剣乱舞』で一躍人気に! 俳優・鈴木拡樹さんの、舞台にかける熱い想いと素顔をひもときました!! photoGallery

2.5次元舞台『刀剣乱舞』で一躍人気に! 俳優・鈴木拡樹さんの、舞台にかける熱い想いと素顔をひもときました!! photoGallery_1_1

1/3

2.5次元舞台『刀剣乱舞』で一躍人気に! 俳優・鈴木拡樹さんの、舞台にかける熱い想いと素顔をひもときました!! photoGallery_1_2

2/3

2.5次元舞台『刀剣乱舞』で一躍人気に! 俳優・鈴木拡樹さんの、舞台にかける熱い想いと素顔をひもときました!! photoGallery_1_3

3/3

1/100:100年にひとりと称される天才になれるとしたら

櫂 直は「100年にひとり」と称される数学の天才。彼のように、誰よりも秀でた才能を手に入れることができるのならば、それは“器用”ですかね。器用さが欲しいです。僕は不器用のかたまりのような人間なので。何をするにもすぐに会得することができない。手に入れるのは何度も何度も練習を繰り返した先。できないことが少しずつ形になっていく、その過程を楽しんでいる自分もいるのですが、やっぱり、器用な人には憧れがあります。
ゼロから始まる役づくりのセオリー

ひとつの役をいただいた時、僕はその役を自分の親友のように考えるんです。性格、普段のクセ、何に興味を持ち、何を大切にして生きているのか……その人がどんな人物なのか、誰よりもよく知っている立場に立つ。相手のことを深く知っていれば、舞台やカメラの前で不測の事態が起きた時もとっさにカバーすることができる。血縁者ではないけれど、いちばん近くにいる親友。その距離感を大切にしています。
シャツ・パンツ/パッゾ(Request) 靴/スタジオ ファブワーク(+TSUBASA) メガネ/リュネット・ジュラ 青山グラン店 靴下/スタイリスト私物

「これだけは嘘をつかない」といちばん信じているもの

『アルキメデスの大戦』で僕が演じる櫂 直は「数字は嘘をつかない」と信じている人。僕はそこまで確たるものを持っていなくてどちらかと言えば「一度は疑う目を持とう」と考えるタイプなんです。その理由は「迷いなく心から信じたいから」。人であっても、作品であっても、共に前に進む時は心の中で「信じる?」、「信じない?」と自問自答。信じると決めたのならば何があってもそれを受け入れる。中途半端は迷いを生む。だからこその覚悟づくりの作業というか。まあ、ただの保身なのかもしれませんが(笑)。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る

もっと見る

What's New

もっと見る