EXOベクヒョンが3rdミニアルバム『Bambi』発売。記者懇親会のベクヒョン&シウミンの様子をお届け!PhotoGallery

愛をテーマにしたアルバム。予約量83万枚で自己最高記録を更新!
韓国の人気グループ・EXO(エクソ)のメンバー・ベクヒョンが3rdミニアルバム『Bambi』(バンビ)を3/30にリリースしました。今回のアルバムは、リード曲「Bambi」をはじめ、“愛”をテーマにしたR&Bジャンルの全6曲で構成。ベクヒョンの甘いボーカルとユニークな音楽性を感じることができます。
今回のアルバムは、発売前から予約量が83万枚を突破し、自己最高記録を更新。2ndミニアルバム『Delight』でグループとしてもソロ歌手としても“ミリオンセラー”を達成したベクヒョンなだけに、今回のアルバムも大きな期待を集めています!

今回は、3/30に行われた、オンライン記者懇親会の模様をお届けします。
EXOのベクヒョン

1/6

EXOのベクヒョンとシウミン

2/6

アルバムについて語るEXOのベクヒョン

3/6

EXOのベクヒョン

4/6

EXOのベクヒョン

5/6

ベクヒョンのアルバムのコンセプト写真

6/6

オンライン懇談会がスタートすると、そこには、白シャツにベスト姿の爽やかなシウミンさんの姿が! 「僕はこのような場が久しぶりなのでとても緊張しますが、ベクヒョンを応援する気持ちで頑張ってみます」と、緊張しながらもはつらつと進行をスタートしました。

最初に、今回のアルバムについてコメントを求められるとベクヒョンさんは、「新しいアルバムをリリースするたびに、アイデアが反映されるので気分が良かったです。今回も僕の意見とアイデアがたくさん入っているので期待していますし、とてもドキドキします。僕が今年(韓国の年齢で)30歳なので、皆さんへもっと新しい姿をどのようにお見せするかの研究をたくさんしました。僕の考えが間違っていないことをお見せしたいです」と、緊張しつつも自信をのぞかせていました。

まずは、「Love Scene」 - 「All I Got」 - 「Privacy」 - 「Cry For Love」 と、1曲ずつハイライトを聴いていきます。
Love Scene
最初に「Love Scene」がかかると、ベクヒョンさんもシウミンさんも自然に左右に体を揺らし、無意識にノリ方が揃っているのが微笑ましかったです。ベクヒョンさんが「運命的な愛におちた感情を映画の一場面のように描いています」と言うとおり、非常にムードのある曲でいっきにアルバムの世界に引き込まれました。
Lyrics by Colde Composed & Arranged by Colde / Stally
「Love Scene」はシンガーソングライターColdeが作業したミディアムテンポのR&B曲で、歌詞には運命的な恋に落ちた感情をロマンチックな映画の一場面のように描写して目を引く。

All I Got
続く「All I Got」では、いきなりベクヒョンさんの高音の歌声が流れ出し、ベクヒョンさんは「とても難易度が高い曲です。高音パートがとても多いので、今回初めて二日に分けてレコーディングしたほどの曲でした」と苦労をにじませていました。
Korean Lyrics by KENZIE Composed & Arranged by Tone Stith
「All I Got」はヒットメーカーKENZIEと新鋭アーティストTone Stithが作った暖かいムードのポップR&B曲で、時間が経つにつれ、完全なる愛を感じ告白する美しい歌詞が引き立つ。
Privacy
「『Privacy』は全ての人が知っている僕の姿ではなく、愛している人にだけ見せたい姿を込めた曲です」(ベクヒョンさん)。シウミンさんが「いつ聴いてもよさそうですね」と言うと、ベクヒョンさんは微笑みながら「僕がお勧めしたいのは、朝起きて出勤する時、何かやりたくないことをやる前に聴いたら、ちょっと気分が良くなる曲ではないかと思います(笑)」と。
Lyrics by jane Composed by JUNNY / 이아일/ Zayson / Brian Cho / emoji / jane Arranged by Brian Cho / Zayson
「Privacy」はビニル(LP)質感のピアノリーフが過去の郷愁を醸し出すローファイ(Lo-fi)ジャズ、R&B曲で、歌詞には恋人だけに見せたい秘密の姿を「Privacy」というキーワードで巧みに表現した。

Cry For Love
アルバム曲紹介の最後は、ベクヒョンさんが「こういう曲を子供のころから歌ってみたかった」という「Cry For Love」で、“ベクヒョンの音域”を多様に堪能することができます。アルバム中、唯一の別れの歌で、曲順の一番最後に置かれています。
Korean Lyrics by KENZIE Composed by Stephan Benson / Greg Bonnick / Hayden Chapman Arranged by LDN Noise
「Cry For Love」は、英国出身のプロデューシングチームLDN Noiseが作業に参加したポップR&B曲で、歌詞には未熟で苦しい恋の始まりと終わりをドラマチックな独白形式で収めており、ベクヒョンの繊細なボーカルが曲の切ない雰囲気を最大限に高める。

놀이공원(Amusement Park)
また、ベクヒョンさんが昨年末に公開したソロシングル「Amusement Park」にも言及し、「僕は常に、絵が描かれているような歌詞が好きみたいです。(すでに公開されている曲ですが)皆さんと遊園地へ遊びに行くような気分でもう一度聴いていただければ良いと思います」とこの曲への愛を伝えてくれました。
Lyrics by iHwak / Royal Dive Composed by iHwak / Royal Dive / Saimon Arranged by Royal Dive / Saimon
「Amusement Park」は、甘いピアノとギターの旋律、ベクヒョンの柔らかいボーカルが調和したミディアムテンポのR&B曲で、歌詞は愛する相手の心を遊園地の多彩な風景になぞらえ表現しており、ファンのために昨年末シングルで公開されて反響を呼んだ。

Bambi
最後に、リード曲「Bambi」。エモーショナルなギターのメロディーとベクヒョンさんのグルーヴィーなボーカルの調和を感じることができるR&B曲です。歌詞は、成熟した愛の物語を童話のように表現して曲の魅力を倍増させ、MUSIC VIDEOもベクヒョンさんの感覚的なスタイルを垣間見ることができます。「『Bambi』は初めて聴いた時から ♪バンビバンビベーエー の部分がとても中毒性が強くて気に入ったので、僕の曲にしたいと思いました」(ベクヒョンさん)。シウミンさんが「ファンの皆さんがタイトルの“Bambi”とはどういう意味なのか、とても気にされていて、僕も気になって……」と言うと、ベクヒョンさんが「シウミンさんはとても気にしていましたね」と、すでにこのやり取りがあったことをうかがわせていました。“夜の雨”(韓国語でbam=夜、bi=雨)と、キャラクターの“バンビ”の二つの意味があるそうです。

すでに公開されている「Bambi」のMVで、映像の美しさ、ベクヒョンさんのセクシーな姿、素晴らしい歌声を直接確認してください!
Lyrics by DEEZ / SAAY Composed by DEEZ / YUNSU / SAAY / Adrian McKinnon Arranged by DEEZ / YUNSU
リード曲「Bambi」は人気作曲家DEEZ、YUNSUとシンガーソングライターSAAYが参加したR&B曲で、エモーショナルなギターの旋律とベクヒョンのグルーヴィーなボーカルが調和を成して、成熟した愛の物語を童話のような表現に描き出して曲の魅力を倍増させる。
ソロアルバムを通じてR&Bジャンルをリリースすることについてベクヒョンさんは、「最初は事務所に入ってバラードばかり歌っていました。R&Bは本当にうまくできなかった。まだまだだけれども、うまくなりたいジャンルでリリースすることを選びました。(最近では)周囲から、『ベクヒョンだけのジャンルが生まれたようだ』と言ってくれて。皆さんの心の一隅に“ベクヒョンのR&B”というジャンルを残したくて今回もリリースすることを選びました」。

「今回のアルバムはEXO-Lにプレゼントを贈る気持ちで準備しました。頭の中のアイデアを全て込めました。でも、アルバム予約数83万枚というニュースを聞いて、むしろプレゼントを受け取った感じです。感謝しています」とベクヒョンさんがファンへの愛を伝えました。

懇親会の最後、ベクヒョンさんとシウミンさんはふたりで「We are ONE! ありがとうございました」と挨拶し、ベクヒョンさんらしく笑顔で終わった懇談会でした。
べくひょん●1992年5月6日生まれ。2019年7月10日、1stソロアルバム『City Lights』を韓国で発売し、発売約1か月でCD販売枚数50万枚を突破。2020年5月25日にリリースした2ndミニアルバム『Delight』は、発売約1か月でCD販売枚数100万枚を突破。韓国アルバムチャートの日間・週間・月刊1位を総なめにし、世界中で大HIT。日本では1月に初のソロミニアルバム『BAEKHYUN』をリリースした。

えくそ●BoA、東方神起、SUPER JUNIOR、少女時代等を輩出したSM ENTERTAINMENT所属の男性グループ。その名は、”未知の世界から来た新たなスター”という意味が込められ、太陽系外惑星を意味するexoplanetからモチーフを得ている。2012年4月8日韓国・中国にて正式デビューし、2015年11月に日本デビュー。

Ranking