静岡県のB級グルメ・富士宮やきそばから、浜松餃子まで!【佐藤栞里のちょっと取り寄せて食べてみ!?】

佐藤栞里が静岡県からお取り寄せ♪

「食べること命♡」な佐藤栞里が、全国各地から食べたいものをお取り寄せして食べまくるくいしんぼう連載。今月は、静岡県から厳選した3品をいただきまーす!

「曽我めん」の富士宮やきそば

静岡県のおすすめお取り寄せグルメ「曽我めん」の富士宮やきそば
熟練の職人が手作業で作る麺は、独自配合の小麦とミネラル豊富な富士山の地下深層水を使用。セットには、コシのある麺、富士宮やきそばには欠かせない肉かすとイワシのだし粉、ソースが入っている。「富士宮やきそば3食セット」¥780
DATA
♦静岡県富士宮市上井出1349の2
☎0544・54・0078
8:00〜16:00(日曜〜12:00)
休/水曜
https://www.sogamen.jp
佐藤栞里が静岡県のおすすめお取り寄せグルメ「曽我めん」の富士宮やきそばを食べている様子
ノスタルジーに浸りたい時は『曽我めん』の焼きそばを食べよう!!
「うんまっ! モチッとコシのある麺に、しっかりとからんだ焼きそばソース&魚介の風味が香るだし粉。そこにときたま、ジュワッとジューシーな肉かすの味がひょっこり。夏祭りで焼きそばを食べていた子供時代を思い出す、懐かしい味に胸がキュンとなります」(佐藤栞里、以下同)

「石松餃子」の餃子

静岡県のおすすめお取り寄せグルメ「石松餃子」の餃子

浜松餃子の元祖である『石松餃子』は、昭和28年創業。テレビ番組内の「全国餃子グランプリ」で優勝経験があり、全国にファンを持つ人気店。季節ごとに産地を厳選した甘みのあるキャベツと遠州産の豚もも肉で作ったあんを、モチモチの薄皮で包んだあっさりジューシーな味わいが特徴で、少し甘めに仕上げた特製の酢じょうゆにつけていただく。定番のつけ合わせのゆでもやしと一緒に味わうのが流儀。食べやすいひと口サイズなのも◎。「石松餃子」(60個、冷凍)¥3240

DATA
本店
♦静岡県浜松市浜北区平口252の1
☎053・586・8522
11:00〜14:00〈LO〉、17:00〜20:00〈LO〉
(土・日曜、祝日11:00〜21:00〈LO〉)
無休
https://1402.jp/
佐藤栞里が静岡県のおすすめお取り寄せグルメ「石松餃子」の餃子を食べている様子
ひとりでひと皿いけちゃうかも。お箸が止まらない無限ギョーザ☆
「“餃子”Tシャツを普段着にしている、ギョーザラバーの佐藤です(笑)。浜松餃子の元祖、『石松餃子』はあっさりジューシー。定番のつけ合わせのもやしと交互に食べたら、胃袋はブラックホール状態に。スナック感覚で食べられるひと口サイズだから、3時のおやつにひと皿(!?)いただいてもいいし、自宅でラーメンを食べる時の相棒にもぴったりなひと品です」

「丁子屋」の自然薯・みそセット

静岡県のおすすめお取り寄せグルメ「丁子屋」の自然薯・みそセット
静岡県のおすすめお取り寄せグルメ「丁子屋」の自然薯・みそセット
戦国時代(1596年)に創業した『丁子屋』は、松尾芭蕉、十返舎一九、歌川広重らの作中にも登場するほど、名のある老舗。420年以上もの長きにわたって、旅人が行き交う東海道の丸子で、とろろ汁を振る舞ってきた。そのとろろ汁を自宅で作れるキットには、じねんじょ、特製マグロの煮汁、自家製白みそ、麦、レシピがセットに。家族や友人とワイワイ楽しみながら、自分だけの味のとろろ汁を作ってみて。じねんじょは余ったら、しょうゆで焼いたり、いそべ揚げにしたり、お好み焼きに混ぜたりしても。「自然薯・みそセット」¥3240
DATA
♦静岡県静岡市駿河区丸子7の10の10
☎054・258・1066
11:00〜14:00(土・日曜・祝日〜14:00、16:30〜19:00)
休/木曜、毎月最終週の水曜
https://chojiya.info
佐藤栞里が静岡県のおすすめお取り寄せグルメ「丁子屋」の自然薯・みそセットの自然薯をすっている様子
佐藤栞里が静岡県のおすすめお取り寄せグルメ「丁子屋」の自然薯・みそセットの自然薯をすっている様子
イチから時間をかけて作る一杯。“する”過程がおいしさの隠し味
「家族や友人とワイワイしながらとろろ汁をイチから作れるワクワクセット。皮つきですりおろしたとろろは、つきたてのおもちかのような驚きの弾力。そこに煮汁やおみそ汁を混ぜ入れて、麦ご飯の上へドンッ。ズズズッとかき込むと、口の中いっぱいに大地の香りがブワッと広がる〜。さっぱりしているのに腹もちがよくて、朝ごはんに出てきたら幸せだ」

Ranking