【平手友梨奈さんインタビュー 前編】映画『さんかく窓の外側は夜』に出演。「“変わらない私”で表現し続ける」

彼女の“今”が知りたくて 

「欅坂46」を離れ新たなステージに立った平手友梨奈。自分の足で歩み始めてから約1年、彼女の中ではどんな変化が起きているのだろうか? 今、あらためて語る平手友梨奈のソトガワ(仕事)とウチガワ(素顔)、そこから見えてきた「変わらない」想いーー。今回は、2021年MORE2月号掲載企画から、インタビュー記事をお届けします。
 
【平手友梨奈さんインタビュー 前編】映画『さんかく窓の外側は夜』に出演。「“変わらない私”で表現し続ける」_1
ひらて・ゆりな●2001年6月25日生まれ。8作連続で「欅坂46」のセンターを務め、2020年1月に脱退を発表。今作への出演をはじめパリコレクションのオープニング映像にモデルとして参加するなど、活躍の場を広げている。2021年には映画『ザ・ファブル 殺さない殺し屋』に佐羽ヒナコ役として出演する

平手友梨奈のソトガワ

【平手友梨奈さんインタビュー 前編】映画『さんかく窓の外側は夜』に出演。「“変わらない私”で表現し続ける」_2
新たな道を歩き始めた平手友梨奈の第一歩となる作品が映画『さんかく窓の外側は夜』だ。今作は霊をえる男・冷川(岡田将生)と霊がえる男・三角(志尊淳)が怪奇事件に挑むミステリー。平手さんは物語のキーパーソンとなる呪いを操る女子高生・ヒウラエリカを演じている。

「オファーをいただいてから返事をするまでの間に時間がかかってしまうのも、何ごとにおいても最初は緊張してしまうのも、人見知りなのも、初対面の人には自分から話しかけることができないのも……ずっと変わらないですね」(平手友梨奈さん、以下同)

新たなフィールドで活躍をスタートさせた今、仕事に対する意識に何か変化があったか平手さんに尋ねると、返ってきたのは 何も変わらない という言葉。そんな平手さんのために監督が用意したのが〝予約席〟のプレート。共演者が集まるストーブの近くにそれを置いた平手さん用の席を設置。そこからコミュニケーションはスタート。

「そこで皆さんが〝平手ちゃん座って、しゃべろうよ〟と優しく声をかけてくださって。撮影はすごく楽しかったです。岡田さんと淳君は年齢がちょうど6歳ずつ離れていて、本当の兄妹のように仲よくなれました

そう微笑みながら、一緒に焼肉店に行った話、あき時間に遊んだ話、ドッキリを仕掛けた話を楽しそうに語ってくれた。クランクアップする時には「終わりたくない」と感じたほど「いい現場だった」そうだ。

「完成した作品は新鮮な気持ちで観ることができました。今作はあえてエリカの部分しか台本を読まなかったので。私の知らないところで、冷川と三角はこんなふうに動いていたんだ、と」

自分の台詞だけ読んだ理由は、

「ほかの人の動きや感情、物語の展開をあらかじめ知りすぎてしまうと、演じていて自分が面白くないし、新鮮味がなくなってしまうから
【平手友梨奈さんインタビュー 前編】映画『さんかく窓の外側は夜』に出演。「“変わらない私”で表現し続ける」_3
彼女が大事にしているのは「カメラの前に立った時、心がどう動くのか」。現場で台本を開かない理由もまた同じ。

「私、覚えるのが遅いんです。それは台詞に限らず歌やダンスも同じ。何ごとも時間がかかる、時間をかけて覚えるタイプなんです」

一瞬一瞬の心の動きを見逃さないように、覚えるべきものはしっかりと自分の中に入れて現場に向かう。そこで飛び出したのもまた 変わらない という言葉だ。作品の世界にグッと入り込み表現する。それは歌もダンスも芝居も同じ。

「楽曲の中でも、ステージでも、誰かになろうとしたり、なっていたり。今までも私はずっと演じていたんだと思うんです。よく今までのお仕事と女優のお仕事の違いについて聞かれるのですが、私にとっては両方とも同じ。場所や形が変わっても表現するのは変わらない。今までも表現してきたし、これからも表現し続けるんだと思います」

映画『さんかく窓の外側は夜』

【平手友梨奈さんインタビュー 前編】映画『さんかく窓の外側は夜』に出演。「“変わらない私”で表現し続ける」_4
霊が視える特異体質に悩まされていた三角(志尊淳)は突然現れた除霊師の冷川(岡田将生)に見出され、一緒に仕事をするように。連続殺人事件を調査する中、死者たちが口にする“ヒウラエリカ”という名前。彼女の正体、そして、事件の真相とは……。新感覚の除霊ミステリーエンターテインメント。●1/22〜公開
©2021 映画「さんかく窓の外側は夜」製作委員会 ©Tomoko Yamashita/libre

Ranking