【双子座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<2/7~2/20> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「未来を肌で感じていく」 

前回の記事では、2月12日のみずがめ座新月は「社会/時代の空気を読み、実感をもってそれに応えること」がテーマであり、それは立春から春分までに吹く最初の南風である「春一番」を察知して、肌身で感じていくことにも通じていくということについて書きました。 

じつはこれは今年3度にわたって起きる土星と天王星のスクエア(90度)という、2021年の時勢の動きを象徴する配置の1回目が2月18日にあることを踏まえての話でした(2回目と3回目は6月と12月)。 

土星(体制)と天王星(革新)がぶつかり合って、互いに変化を迫るこの緊張感あふれる配置が形成される時というのは、しばしば世の中の常識や秩序の書き換えが起こりやすく、これまでなんとなく受け入れてきた無目的な制限や命令の押しつけに対し、多くの人が「もう我慢ならない」と感じやすいタイミングと言えますが、同時にそれは、これまで考えもしなかったようなところから人生を変えるチャンスが転がってきたり、新たな希望の気配が差し込んでくるきっかけともなっていきます。 

一方で、それは突然の出来事や予期しなかった展開を伴うため、現状を変えたくないという思いが強い人にとってはこの時期何かと振り回されたり、くたびれてしまうこともあるかも知れません。 

しかしそれも、最初の「春満月」を迎えていく2月27日頃には、行き着くところまで行ってみればいいじゃないかという、ある種のカタルシス感が出てきて、朧月(おぼろづき)さながらに、ほのぼのとした雰囲気も漂ってくるように思います。 

古来、春という新たな季節は東から風によって運ばれてくるものと考えられてきましたが、12日の新月から27日の満月までの期間は否が応でも感覚が研ぎ澄まされ、予想だにしなかった未来の訪れを少しでも実感に落としていけるかということが各自においてテーマになっていくでしょう。 

双子座(ふたご座)

今期のふたご座のキーワードは、「この宇宙の必然」。

ふたご座のイラスト
地球と地球上の生物とは相互に関係しあい、地球環境を作りあげており、それはある種の「巨大な生命体」と見なすことができるとした「ガイア理論」の提唱者として知られる科学者ジェームズ・ラブロックは、近い将来、人間の知能をはるかに凌ぐ人工生命(サイボーグ)が出現し、新たな生物圏を形成するというビジョンについて綴った『ノヴァセン』を2019年7月に刊行しました(邦訳が日本で出版されたのは2020年4月)。 
 
100歳という年齢でこのような著書を刊行したことにも驚きましたが、やはり真に驚くべきは、産業革命以来、人類が地球(ガイア)に最大のインフルエンサーとして君臨してきた時代=アントロポセンないし人新世(その始まりについては諸説ある)が間もなく終焉を迎え、超知能と人類が地球に共存する時代=ノヴァセンが始まるという構想をこの宇宙の必然と主張する、その大胆さでしょう。 
 
すなわち、宇宙そのものが自分を知る存在を生み出すように成長してきており、人類の活動も情報の出現もあくまでその成長過程の産物であり、人類の情報処理能力を凌駕する人工物(ラブロックは好んで“サイボーグ”という言葉を使うが一般的にはAIとかロボットと呼ばれる存在)がその後継者となって、時代の主役になるだろうと言う訳です。 
 
こうした人類とサイボーグの関係について、例えばラブロックは次のように語っています。 
 
ふたつの種がどのようにやり取りするのかはほとんど想像不可能だ。サイボーグたちは人間を、ちょうど人間が植物を眺めるように見ることになるだろう。つまり、認知も行動も極端に遅いプロセスに閉じ込められた存在だ。実際、ノヴァセンがひとたび確立されれば、サイボーグの科学者たちは、生きた人間をコレクションとして展示するかも知れない。ロンドン近郊に住む人びとがキューガーデンに植物を見に行くのと、結局のところ変わらないのだ」 
 
この喩えが適切なものかどうかは分かりませんが、少なくとも私たちがいまだ植物の本質について理解しているとはとても言えませんし、そうであるにも関わらず、人類は自分たちがその本質についてまだほとんど理解できていないサイボーグという存在を既にその内部から生み出しつつあるということは確かでしょう。 
 
今期のふたご座もまた、そうした植物とサイボーグという理解しきれていない存在のはざまに自分自身や人間を置いてみることで、改めてそこに到来するであろう“必然”というものについて考えてみるといいでしょう。 


参考:ジェームズ・ラブロック、松島倫明訳・藤原朝子監訳『ノヴァセン』(NHK出版) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る

もっと見る