【蠍座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<5/16~5/29> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「ゲームに臨む戦略を取り戻す」 

5月21日に太陽がふたご座に移り「小満」を過ぎると、万物の命もあふれんばかりに躍動し、特に植物は生気に満ちて、若葉がしたたるような青葉になりますが、そんな中、5月26日にいて座5度(数え度数で6度)で皆既月食を迎えていきます。 

今回は近地点で起こる満月なので、大きいです。いわゆる「スーパームーン」なのですが、それが欠ける訳ですから、単に「エモさ」が解放されるというより、そうした「エモさ」を感じられるような心の拠りどころとなっているものが失われたり、一時的に失われかけた結果、そのありがたみが骨身に沁みるということが起きやすいタイミングなのだと言えます。 

その上で、今回の皆既月食のテーマを端的に表わすとするなら、それは「ゲームプランを取り戻す」。すなわち、せっかく与えられた人生というゲームを最大限楽しんでいくために必要な目標を持ったり、誰かと共に戦っていくためのルールを設けたりすることの大切さを改めて再認識していくことです。 

それは逆に言えば、もし今あなたが適切なゲームプランを持てていないばかりに、即座の結果を求めて不満を募らせていたり、ついマンネリ化して立ち往生してしまったり、また他の誰かと互いに消耗しあうような状況に陥ったりといった傾向に少しでもあるのなら、そうした現実にきちんと向き合っていかなければなりません。 

ちょうどこの時期には「更衣(ころもがえ)」という季語があって、気候不順も重なって服装選びに悩む頃合いですが(制服は6月1日が衣替え)、服装だけでなくそれに連動するコンセプトやライフスタイル、生活の中で重視するポイントなどをこの機会に整理・統一してみるのもいいでしょう。 

その意味で、今回の月食前後の期間は、改めて人生というゲームの遊び方のスタイルを明確にしていくことができるかどうか問われていくように思います。 

蠍座(さそり座)

今期のさそり座のキーワードは、「平等であるということ」。

蠍座のイラスト
断続的に政府より発令される非常事態宣言において、移動の自由や飲食の自由など、実にさまざまな自由が「不要不急」の大義名分のもと大幅に制限されるなか、そこで特定の人たちだけ選択的に制限されるような不平等が生じてしまっているのではないかという疑義が、このところかなり頻繁に呈されるようになってきたように感じます。 
 
ただし、大抵の場合、それは「自分(たち)は我慢しているのにずるい」といった不満の表明や、単なる八つ当たりに近いものであることも珍しくなく、まだ「どのような意味での平等が社会において実現されれば理想的と言えるのか?」といった問いに対して、その答えが十分に有効な射程で議論されているとは言い難い状況にあるのではないでしょうか。 
 
例えば、何を平等の基準とするかという問題について、1970年代以降大きな影響力をふるったロールズは「基本財(経済的な財だけでなく社会的な自由も含む)」を公平に分配することを求めましたが、1998年にノーベル経済学賞を受賞したアマルティア・センは『不平等の再検討』の中で、「自由」こそ平等に分配するべきだと述べています。これは、功利主義の立場が実際の効果効用の平等に配慮することを求めるのとも異なる第三の提起と言えるでしょう。 
 
つまり、ロールズが私たちが自分の目標を達成するための手段として基本財に注目し、功利主義が実際に目標が達成されたかどうかに注目するのに対して、センはちょうどそれら二つの中間にあたる、基本財をつかって達成可能な目標の選択肢として何がどれだけ開かれているかに注目したわけです。そして、この選択肢の十分な開かれという指標は、必然的に性や年代、肌の色、障害などの“多様性”への配慮とも深く関係してくるはずですが、その点についてセンは次のように述べています。 
 
多様性にもさまざまな種類がある。もし全ての多様性に配慮しようとすれば、完全な混乱に陥ってしまうというのもおかしなことではない。実践的な必要からわれわれのとるべき道は、特定の多様性には目をつぶり、より重要な多様性に注目することだろう。このちょっとした世俗的な知恵をあざけるべきではない。事実、不平等の研究において実践的な推論と行動を志向するのであれば、計り知れないほどの多様性の多くを無視せざるを得ない。それぞれの場面で問われるべき問題は、「この文脈で重要な多様性は何か」ということである。」 
 
このセンの指摘は、“多様性”という免罪符のもとに何でもかんでも受け入れなければならない訳ではなく、それによってもし誰かが選択肢が閉じて多大な負担を強いられ、自由の平等が毀損されるのなら、例えばヘイトスピーチを許容する表現の自由のような「特定の多様性」は後回しにされなければならないのです。 
 
その意味で今期のさそり座もまた、その都度自分にとって重要な“多様性”をきちんと取捨選択できるよう、意識して心がけていきたいところです。 


参考:アマルティア・セン、池本幸生他訳『不平等の再検討 潜在能力と自由』(岩波現代文庫) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking

もっと見る