【天秤座】哲学派占い師SUGARさんの12星座占い<8/8~8/21> 月のパッセージ ー新月はクラい、満月はエモいー

12星座全体の運勢

「終わりと継承」 

8月23日には二十四節気の「処暑」に入り、朝夕に気候や虫の音に涼しさを感じる日も出てくるようになりますが、その直前である8月22日に水瓶座29度(数えで30度)で満月を迎えていきます。 

今回の満月のテーマは「はかなさ(無常さ)の受容」。歴史上どんなに強固で安泰に思えた文明や社会も、潮が満ちれば必ず引くように、栄枯盛衰をたどってきましたが、今期は個人においても社会においてもそうした「枯れ」や「衰え」の面が顕著に実感されていきやすいタイミングなのだと言えます。これは逆に言えば、いかに自身の生活や日本社会における奇妙な混乱状況をなかったことにせずに、自覚的に受け入れていけるかがテーマになっていくということでもあります。 

たとえば、日本では古来から蜉蝣(かげろう)が、成虫でいられる時間がわずか数時間から数日という短さゆえに、はかなさの象徴として歌に詠まれてきました。それは蜉蝣のきれいな透明な羽や、細長い体のいかにも弱弱しい印象も大きかったはずですが、名前の由来ともなった、日差しの強いに立ちのぼる「陽炎(かげろう)」のゆらめきを思わせるような飛び方がそれを決定づけたように思います。 

蜉蝣の成虫には口も消化管も退化してありません。何も飲まず食わずで飛び回って力尽きてしまいます。なぜそんなことをするのか。それはひとえに、交尾するため。飛び回れば異性に会えるから。もちろん、交尾しても結果的に死んでしまいますが、そうすることでDNAはちゃんと受け継がれていく。つまり、遺伝子の側から見れば死ではなく、そこで継承が起きている。 

さながら光が粒子であると同時に波でもあるように、蜉蝣という虫は確固とした個体であると同時に、それぞれが連綿と受け継がれていく遺伝子の中継地点でもある訳です。 

つまり、保身や自己利益の最大化をはかるのではなくて、どうしたら自身がその一部であるところの大きな全体へと貢献できるか、あるいは、自分がそこに身を投じ、続いていくべき潮流は何なのか。そうした実感が、否応なく膨れあがってきやすいのが今回の満月なのだということ。 

その中で、どんな自分事が終わりつつあり、その一方でどんな継承が起きつつあるのかということに、意識を向けてみるといいでしょう。 

天秤座(てんびん座)

今期のてんびん座のキーワードは「ものの見方の補色関係」。

天秤座のイラスト
近年、従来は健常者と呼ばれてきた多数派の人間のことを「定型発達を保持している(略してNT)」と表現したり、逆に単に異常者や障害者として分類されてきたマイノリティを「非定型」であると言い直したりする風潮がにわかに顕著になってきたように感じます。 
 
さらに一部の人たちのあいだでは今日の先進国社会の状況というのは、時代を経るにつれNTの人たちが狩猟採集生活に特化した異能者であるマイノリティを駆逐し、自分たちに都合のよい生活環境へと変えてきた結果ではないかという議論さえ起こっているのだとか。 
 
きっかけは1996年、フランス南西部のラスコーで子どもがかくれんぼ中に偶然発見した3万年以上前のクロマニヨン人による洞窟壁画でした。そこには、人間の姿や植物や身近な小動物はほとんど描かれず、その99%が大型哺乳類で、当時の人々の狩りの対象だったシカやバイソンばかりか、脅威でしかなかったライオンやハイエナまでもが実に写実的に描かれていたことで世界中を仰天させました。 
 
同時に、その美術描写は、文明勃興以降ではルネサンスになって初めて見られるようになったほどに高度な技法を用いたものだったため、この驚くべき事実や歴史的な不連続性にどう説明をつければよいのかという問いが大きな波紋を呼びました。 
 
そうした中、同じ人類といえどもひとつのタイプの心の持ち方に限定されないのではないかという仮説を投げかけているのが「脳神経系の多様性(ニューロダイバーシティ)」という立場なのだそうです。 
 
そして例えば、京大の霊長類研究所の正高信男は、仮説をさらに一歩進めて、洞窟壁画の描画スタイルと現代の自閉症者に見られる特徴との一致について、次のように指摘しています((『ニューロダイバーシティと発達障害』、2019))。 
 
世界の構成要素を人と自然に二分するならば、NTは自然を犠牲にして人に注意を払っている一方、自閉症児は人というものにとわれることなく自然を認識することができるということなのだ。(中略)双方のものの見方が互いに相補い合って初めて、われわれは今日あるような社会を形成することが可能であったというのが、ニューロダイバーシティの考え方であり、たとえば洞窟壁画ひとつとってみても、その特徴にこうした発想があながち見当はずれでないことの証拠を見ることができるのだと考えられるのだ。」 
 
今期のてんびん座もまた、こうした脳神経系の多様性の立場にならって、自分のものの見方を補ってくれる補色関係にあるような相手や見方を取り入れてみるといいでしょう。 


参考:正高信男『ニューロダイバーシティと発達障害』(北大路書房) 
<プロフィール>
應義塾大学哲学科卒。卒業後は某ベンチャーにて営業職を経て、現在西洋占星術師として活躍。英国占星術協会所属。古代哲学の研究を基礎とし、独自にカスタマイズした緻密かつ論理的なリーディングが持ち味。

他の占いもCheck!

Ranking