“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当

豆腐ハンバーグの煮込み弁当

みんなの大好物、ヘルシーハンバーグも“つくりおき”OK! ピクルスやポテトサラダなどの副菜で彩り豊かに☆
“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当_1
※ご飯にはちぎった梅肉を飾っています

豆腐ハンバーグのオイスター煮込み

日もち3~4日
“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当_2
●材料(2回分)
豚ひき肉…… 50g
塩、こしょう…… 各少々
木綿豆腐…… 50g
パン粉…… 大さじ2
長ねぎ…… 4cm分
卵…… 1/4個
サラダ油…… 適量


  酒…… 大さじ2
  水…… 大さじ4
  みりん…… 大さじ2
  しょうゆ…… 小さじ1
  オイスターソース…… 大さじ2/3

●作り方
1. ビニール袋に豚ひき肉、塩、こしょうを入れ、粘りが出るまでこねる。さらに豆腐、パン粉、みじん切りにした長ねぎ、卵を混ぜ、6等分にして平たく丸める。
2. ミニフライパンに油を入れ熱し、両面に色よく焼き色をつけ、Aを上から順に加え、弱火でふたをして約5~8分、汁にとろみがつくまで煮込む。
“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当_3
肉だけで作ったハンバーグは硬くなりがちだけど、豆腐を加えることでおいしさと軟らかさをキープ。豆腐は水きりしないでOK

焼きたらこのレモンポテトサラダ

日もち2~3日
“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当_4
●材料(作りやすい分量)
じゃがいも…… 2個(250g)
たらこ…… 1/4腹
マヨネーズ…… 大さじ2~3
レモンの皮(ノーワックス)…… 少々

A
  塩、こしょう…… 各少々
  砂糖…… ひとつまみ
  酢…… 小さじ1


●作り方
1. じゃがいもは皮をむき適当な大きさに切ってゆで、半分はしっかりつぶし、残りは粗いままにする。熱いうちにAを混ぜる。
2. じゃがいもをゆでている間にフライパンでたらこを焼き、ほぐす。これとマヨネーズを1. に混ぜる。ラップで茶巾型にしぼり、切ったレモンの皮を飾る。
“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当_5
たらこはフライパンで焼くと、生に比べて傷みにくくなる。香ばしさとうまみもUP!
“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当_6
おしゃ見えPOINT
スタンダードなポテトサラダも、茶巾にする&レモンの皮を三角形にカットし、ちょこんと飾ればキュートに♡

あまり野菜のピクルス

日もち4~5日
“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当_7
●材料(作りやすい分量)
きゅうり…… 1/2本
にんじん…… 40g
赤・黄パプリカ……各1/4個
粒マスタード……小さじ1

A
  酢…… 50ml
  水…… 50ml
  塩…… 小さじ½
  砂糖…… 大さじ2
  こしょう…… 少々
  ローリエ(あれば)…… 少々

●作り方
1. きゅうり、にんじん、パプリカは食べやすい大きさに切り、ボウルに入れる。
2. Aを小鍋で沸かしてから1. に加え、粒マスタードも加える。粗熱が取れたら、ビニール袋に入れる。冷蔵庫に入れ半日以上漬ける。
“つくりおき”おかずを詰めるだけ♪の絶品弁当_8
保存容器ではなく、ビニール袋に材料を入れて漬ければ、洗いものが減ってラクチンなうえ、少ない液で漬かりやすいので一石二鳥!

“つくりおき”の基本ルール

★保存容器は消毒する
洗剤で洗い、耐熱性のものなら煮沸or熱湯をかけて消毒。乾いた布でよくふいてから保存を

★さましてから冷蔵保存
温かいまま冷蔵庫に入れると水分が出てしまううえ、ほかの食材の傷みの原因になるので注意

★清潔な箸やスプーンを
手で触ったり、汚れたカトラリーを使うと菌の繁殖に。取り分ける時は洗って乾いたもので

※電子レンジによる加熱時間は、600Wを目安にしています。500Wなら1.2倍に、700Wなら0.8倍にしてください。加熱の際は耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけてください。
※フライパンはフッ素樹脂加工のものです。
※汁気のあるものは、汁気をきってから詰めてください。
※表記した日もち日数は、冷蔵保存できる期間です。あくまでも目安なので、なるべく早めに食べきってください。
※肉のおかずは脂が固まってしまうことがあるため、電子レンジで加熱し、さましてから詰めてください。

Ranking

もっと見る

もっと見る

もっと見る