【TWICE スペシャルインタビュー】ミナとツウィが支えにしている言葉とは?

あなたがいるから、“もっと好きな私”になれる。

TWICE全員集合写真
2020年、突如訪れた“会いたい人に会えない”という状況の中、真っ先に「いつもそばにいるよ」という希望のメッセージを楽曲とともに、さらにはオンラインコンサートという新たな舞台を通して、私たちに伝え、世界を励ましてくれたTWICE。そしてまた、彼女たち9人も「あなた」に励まされ、背中を押されたから、どんな時も未来へと歩みを進められたと語る。韓国デビュー5年、日本デビュー3年を迎えた今こそ「見せたい私たちの姿、伝えたい言葉がある」との強い思いから、国境を越えたTWICE初のリモート撮影&取材が実現。MORE史上初の2号連続表紙を飾った彼女たちのスペシャルインタビューを、『MORE』1月号掲載企画からお届けします。
TWICEのメンバー、ミナとツウィ
(右)ツウィ●1999年6月14日生まれ。クールビューティなルックスとは裏腹に、おっとりとマイペースな性格で、メンバーからもファンからも可愛がられるグループの最年少メンバー
(左)ミナ●1997年3月24日生まれ。バレエで培ったしなやかなラインのダンスと、やさしい歌声が魅力。手芸が得意で、メンバーにビーズ製の携帯ストラップをプレゼントしたことも

TZUYU ツウィ

TWICEとしての5年間で育ててもらった自分への自信と愛する気持ち
「デビュー時の5年前を振り返ると……、私はとても幼かったです(笑)。自分の性格などについてもよくわかっていなかったくらい。でも今は、ファンの方々からいただく応援や励ましの言葉のおかげで、自分に自信を持てるようになってきて、『自分を愛する』ということが少しずつわかってきた気がします。これまでいただいた言葉の中でも特に、『ここで応援しているよ』が大好き。シンプルな言葉ですが、年々この言葉の重みが増しているように感じるんです。みなさんが、いつもそばにいてくださってとっても心強いです。
デビュー当時は、レコーディングルームに入る時、『うまくできるかな?』とすごく緊張していました。今も『いい音楽を届けたい』という思いから緊張はするのですが、『BETTER』のレコーディングは、昔に比べるととてもリラックスして臨めたと思います! 声もしっかり出て、自分の歌唱力の成長を感じることができたのはうれしかったです♪
私はステージに立つことが何よりも楽しくて大好き。みなさんとこの状況を一緒に乗り越えて、コンサート会場でお会いできる日がくることを願っています。そして、その時には、大きな歓声をいただけたらうれしいです。その日まで、みなさん健康でいてくださいね♡」(ツウィ)

MINA ミナ

ONCE、家族、メンバーのみんな、かけがえのない人たちの言葉が私を強くしてくれる
「オンライン公演『Beyond LIVEーTWICE:World in A Day』では、今までなかなか会いにいくことができなかった国のファンの方々にも、TWICEのパフォーマンスを観ていただけたことがうれしかったです! コンサート会場で行う時とは異なることが多く、学ぶこともとっても多かったです。でもやっぱり、みなさんに直接会いにいきたいな。
ファンの方々からいただく言葉はどれも大切ですが、普通は家族からしか聞けないような『生まれてきてくれてありがとう』という言葉をいただいた時は感動しました。さっきダヒョンちゃんにこの話をしたら、ダヒョンちゃんも私に日本語で言ってくれました♡(笑)。
今回、『BETTER ME』というテーマだと聞いて思い返してみたのですが、自分自身を大切にできるようになったきっかけは、母からもらったある言葉のおかげ。とても忙しかった時期、仕事終わりに届く『ミナちゃん、今日も頑張ったね!』というメッセージでした。その言葉を浴びているうちに、失敗して落ち込んでいても、『大丈夫、大丈夫! 今日も頑張った!』と自分で自分をほめてあげられるようになりました。モア読者のみなさんも、忙しくて疲れることもあると思います。そんな時こそ、自分で自分をほめてあげましょうね!」(ミナ)
【TWICE スペシャルインタビュー】ミナとツウィが支えにしている言葉とは?_3
トゥワイス●9人組ガールズグループ。2015年10月に韓国デビュー、2017年6月に日本デビュー。ファンの呼称はONCE(ワンス)。19年春には韓国でデビューしたガールズグループとしては初のドームツアーを実施。デビューから3年連続で『NHK紅白歌合戦』に出場。2020年は世界がコロナ禍に陥る中、7月にリリースした日本6枚目のシングル『Fanfare』のチアフルな楽曲が話題となるほか、オンラインコンサート『Beyond LIVEーTWICE:World in A Day』を成功させる。11月には日本7枚目となるシングル『BETTER』をリリース(通常盤¥1182 ワーナーミュージック・ジャパン)

Ranking

もっと見る